ura-ekoca






秋川渓谷へ :: 2018/11/20(Tue)




今日は晴れの予報ということで、紅葉もそろそろ身頃、
あきる野の秋川渓谷へ。

武蔵五日市駅からバスに乗り15分ほど。
バスを降りると空気が違うのです。
木々の良い香りがしてきて
深呼吸したくなります。


1811i0629 (1)


色づいているところ、これからのところとありましたが、
グリーンから黄色、オレンジ、そして燃えるような赤の
グラデーション。


1811i0632.jpg


日帰り温泉 瀬音の湯に入ってきました。
こちらは寝転がれるスペースのある森のテラスからの景色。

ここの温泉、泉質はぬるりとして、すべすべ。
昨年の温泉選挙でうる肌部門3位に選らばれたそうです。
木漏れ日の中の露店風呂も気持ちいいー
ゆっくりのんびり温まってきました。


1811i0623.jpg


河原に降りてみたり、近くを散策。


1811i0612.jpg


三角屋根のかわいいおやきやさん。
今日はやっててよかった!





いつも気づかなかったのですが、電車に乗っていた時に
駅に着く少し前、窓から古い門が見えてきました。
あそこはなんだろうーと調べてみたら、
古いお寺があるそうです。
歩いてもいけると言われ、行ってみることに。


1811i0640.jpg


大悲願寺。
1191年に建立されたそうです。


1811i0643.jpg


電車の窓からこの山門が見えたのです。
気になりますよねー


1811i0638.jpg


杉の大木が古くから信仰されているお寺なんだなと
いうのを物語っていました。
お参りができてよかったです。

さー、休み明け、明日は金曜日から展示の
松本かおるさんの作品も届く予定です。
焼しめのうつわ、どんな色合に焼きあがっているか、
漆と合わせた作品もとても楽しみです。




よこはま動物園 ズーラシアへ :: 2018/10/29(Mon)




今日は朝からいいお天気。
雲ひとつない青空。
朝から動物園に行ってきました。

初めてのよこはま動物園ズーラシア。

広大な敷地の中には木々が生い茂り、
展示の仕方も工夫されていて
とてもよかったです。


zr9689.jpg


アフリカのサバンナを演出した草原では
キリンやシマウマ、エランドが草を食んだり、悠々と歩いていました。


zr0434.jpg

エランド。


zr9761.jpg

グランドシマウマ。


zr9836.jpg


インドゾウも~


イヌイット文化やサバンナに暮らす民族のことを学べるようになっていたり
テーマパークのような凝った展示もあり、
今まで行ったことのある動物園とは違いました。


zr9600.jpg

zr9601.jpg


椅子やベンチも動物がモチーフに。

zr0415.jpg


休憩できるベンチもそれぞれのエリアにちなんだ
演出がテーマパークのよう。




開園から閉園時間までたっぷりくまなく歩いて
たくさんの動物たちを見てきました。
(ちなみに万歩計ではあとちょっとで2万歩とハイキング並み)
そんな中、心にぐっときた動物たち。


zr9613.jpg

帽子をかぶった頭にキュンときた
アカアシドゥクラングール。

zr9620.jpg


この表情~(笑)
ヨーダっぽいです。


zr9625.jpg


子ザルもかわいかった!

zr9659.jpg


はっぱに隠れた美人さんはだあれ?

zr9666.jpg


zr0418.jpg


世界三大珍獣のオカピ!
(ちなみに世界三大珍獣はパンダとこのオカピとコビトカバ)


zr9717.jpg

時間があればあるだけ見てしまいそうなミーアキャット。

zr9728.jpg

横顔がキリリとイケメン!

zr9748.jpg

この方は壁にもたれてかなりリラーックス。
このあとコクリ、コクリと首がうなだれて
そのまま寝てしまいました。


zr9826.jpg


そして見たかった「セスジキノボリカンガルー」
昼間通った時はコアラのように寝ていて
全く動かず・・・顔が見られませんでした。
帰り際になったら、活発に動いていました。
大きさはコアラのようなイメージですが、
走る姿はカンガルーのように両足でピョンピョン。

セスジキノボリカンガルーなど、初めてみた動物たちもいて
一日たっぷり楽しみました!
(動物園が好きな八重樫さんに金曜日話せるのも楽しみです。)


zr0422.jpg


こんな秋晴れの青空は久しぶりー
暑いくらいでした。




高尾山へ :: 2018/10/15(Mon)




朝起きたら曇り空。
お天気もイマイチ、雨が降るかもしれないし、
やめる?行く??・・・
ええぃっ、行ってしまえーと電車に乗りました。

向かったのは高尾山、昨年は腕のケガで自粛、
ひさしぶりの山登りです。
お天気のせいか、登っている人も少なく、
下山される方とのすれ違いの挨拶もほんの数回、
静かに無心で登りました。

曇り空、登る前は肌寒いくらいでしたが、
登り始めると汗ばんできて、Tシャツで良いくらいに。
体の中からポカポカしてきました。

霧雨が降ってきたりもしましたが、しっとりとした
山の空気がかえって気持ちよく、
晴れた日とは、違った気持ち良さ。
ぬかるんだところも多く、滑って転ばないようにだけ気をつけて(笑)


1810i0270.jpg


先日の台風の影響なのか、大きな木がぱっかりと折れていたり
倒木が山道をふさいでいるところも何か所かありました。

太もももひざもガクガクとしてきましたが、
頂上へ無事到着。


1810i278.jpg


山頂のもみじは少し色づき始めていました。
頂上からの眺めは雲が多めでしたが、
それでも遠足で来ていた子供たちは元気に「やっほー」と叫んだり、
走りまわってました~ 力がまだ有り余ってる(笑)

無事登れた達成感を味わったところで
ひと休みし、そそくさと下山。
途中、ケーブルカー駅近くのお土産屋さんが新しくなっていたので
のぞいてみると美味しそうなものが。


1810i0280.jpg


たい焼きならぬ「天狗焼き」
初めて食べました!
中のあんこは黒豆入りでたっぷり。
豆の粒々感がとても好きな感じ~
何より焼きたて、アツアツ、
皮はカリっとしていて、とても美味しかったです。
また登った時には食べたいです。

お昼過ぎには無事下山。
お天気ももってよかった、よかった。


1810i0286.jpg

登山の後のお楽しみはいつもの杜々さん。
「八王子野菜の天せいろ」を頂きました。
コシのあるお蕎麦、サクっとしたてんぷら、
とっても美味しかったです。

山のおいしい空気をたくさん吸って、心地よい疲労感、
リフレッシュしてきました。



智美術館へ :: 2018/07/16(Mon)




今日はお休み。
午前中は本を読んだり、のんびりしていたのですが
家にいても暑いので
美術館に行ってきました。

以前、SNSでスタイリスの小澤さんがお勧めされていた
菊地寛実記念 智美術館。
「線の造形、線の空間 」
飯塚琅玕齋(ろうかんさい)と田辺竹雲斎でめぐる竹工芸へ。


187i1914.jpg


これが竹?と思うほど繊細なかごから、
竹そのものの素材の動きを活かしたような
野趣あふれる作品まで、
大正から昭和にかけてつくられたかごが並び
見応えのある展示でした。
いいもの見せて頂いた~
今日が最終日、ギリギリ伺えてよかったです。


187i1910.jpg



初めてこちらの美術館に伺いましたが、
ビルとビルの間に、こんな素敵な空間があるとは
知りませんでした。



187i1916.jpg


美術館内、庭園に隣接するレストランがまた素敵で
小澤さんが勧められていたパフェを♪
整えられたお庭を見ながら。
フルーツパフェ、何層にもいろんなお味が重なっていて
この上品な盛り付けの中にこんなにも
いろいろ入っているなんて~驚きでした。
(アイスクリーム、フルーツ、チーズケーキ、
ゼリーにババロア???)
とっても美味しく、満足です。

まだまだ、知らない東京。
夏のお出かけ、美術館も涼しくて良いものです。




三島旅続き :: 2018/07/04(Wed)

km5941.jpg


クレマチスの丘「ヴァンジ彫刻庭園美術館」


km5947.jpg


たくさんの緑と色とりどりの花々。


km5902.jpg



km5938.jpg


km5901.jpg



km5898.jpg



イタリアを代表する彫刻家 ジュリアーノ・ヴァンジの個人美術館。


km5784.jpg


庭園の中にも作品があちらこちらに。


km5835.jpg


広い空間の館内にもブロンズや大理石などの石、
そして木製のものなどの彫刻作品がぽつん、ぽつんと
配置されています。
素材がいろいろなのにも驚きましたが、
ひとつひとつの彫刻の表情といったらー


km5832.jpg


km5824.jpg


km5823.jpg


彫刻作品に引き込まれ、暑さも忘れて、
見入ってしまいます。
とても静かな時間を味わえました。
この建物の一角で、昨日ご紹介した須田悦弘さんの
「ミテクレマチス」が展示されています。


km5942.jpg


また庭園に戻り、噴水のある池をのぞくと、
睡蓮がいろんな色の花を咲かせていました。

km5930.jpg


km5911.jpg


km5922.jpg


睡蓮もとても好きな花。
いろんな種類のを見ることができて嬉しかったです。

(ヴァンジ彫刻庭園美術館内と庭園は写真撮影可だったので
たくさん写真があります(笑))






187i1859.jpg


途中、お昼はうつわ茶房 KEYAKIで焼き魚定食を。
この日は近くの漁港で朝水揚げされた「いさきの塩焼き」
大きくて立派ないさき!脂がのっててとても美味しかったです!
うつわの展示もあるところなので、うつわ使いも素敵。
花器の展示をされていました。


km6023.jpg


2つの美術館と庭園を廻り、最後の1つは反対側の別のエリアにある
ベルナール・ビュフェ美術館へ。
シャトルバスも出ていますが、散歩がてら歩いて行きました。
途中、長い吊り橋を渡りますが、これがなかなかスリリング(笑)

フランスの画家、ベルナール・ビュフェの絵をたくさん見るのは初めてでしたが、
きりっとした直線のラインと色使い、どれも好きな絵ばかり。
若いころの作品とから、晩年の作品まで、時代とともに変わっていく
過程を客観的にみられて、胸が苦しくなる部分もありました。
それでも素敵な絵ばかりだった!
こちらでは「藤田嗣治 本のしごと」展も開催されていて
合わせてゆっくりとじっくり、楽しませて頂きました。

美術館の作品をみたり、お庭を楽しんだり、
景色や草花を愛でたりと一日たっぷりと楽しめる
とても素敵なところでした。
私にも「行ってみるといいよー」と勧めてくださった方が
たくさんいるので、まだ行かれたことがない方には、
ぜひお勧めします(笑)
春や秋にも行ってみたいです。

IZU PHOTO MUSEUM 次の企画は
「没後20年 特別展 星野道夫の旅」が7月14日(土)から
始まるそうです。
そちらも見たかったなー




クレマチスの丘を後に、向かったのは、三島大社。
やはりお参りせずには帰れません。


km6077.jpg


伊豆国一の宮、とても大きな神社です。
Yは以前、参拝したことがあるそうですが
私は初めて。
境内には、奈良から送られた鹿がいる「神鹿園」も。


187i1860.jpg


三島大社名物「福太郎」を頂きながら休憩。
濃いめのお茶がたくさん歩いた体に染みわたります。
お水が美味しいのも大きいのでしょうね、
甘みのあるお茶が美味しかった~

クレマチスの丘を勧めてくれたお一人、R子さんも
「帰りはやっぱり鰻でしょうー」とおっしゃっていたので、
気になっていたお店に行ってみました。


187i1863.jpg


行列かもしれないなぁと伺ってみると
ちょうど夜の営業前の仕込み中、少し待てば食べられるとのこと。
久しぶりのうなぎです。
スタミナつけて、さぁ夏のイベント準備、頑張るぞ~

日帰り旅、2日に渡り、ご覧頂きましてありがとうございました!


次のページ