ura-ekoca






国立西洋美術館 松方コレクションへ :: 2019/09/03(Tue)




今日はどんよりとした空模様。
夕方からはどしゃ降りの雨が降りました。
昼間はまだまだ暑い~

今日は行きたかった国立西洋美術館の松方コレクション展へ。
開館時間に合わせて向いましたが、
ちょっと遅れたらすでにチケットを買う列ができていました。
(チケットは駅の構内のチケット売り場で買ってきて正解)

夏休み明け、平日の午前中だというのに
館内にもたくさんの人でしたー

常設展示で見たことのある絵もまた空間が違うと
新鮮でした。

テーマごとに見応えたっぷり。

いいなー、素敵だなーと思う絵はいろいろありましたが、
シャルル=フランソワ・ドービニーの
「ヴィレールヴィルの海岸、日没」という絵も
とても印象的で素敵でした。


199i_0014.jpg

撮影が可能だった、モネの幻の「睡蓮・柳の反映」の
デジタル推定復元。

混んではいましたが、見られてよかった!





199i0016.jpg


合わせて新館展示室で開催中の「モダン・ウーマン」
~フィンランド美術を彩った女性芸術家たち~
も観ることができました。
日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念で
開催されたそう。これは観なくてはー

初めて見る、ヘレン・シャルフベックさんの絵が
とても素敵でもっといろんな絵を見てみたくなりました。

<占い師(黄色いドレスの女性)>


199i0017.jpg

<古い醸造所(コンポジション)>

常設の展示もゆっくりとみられて
心の栄養もたっぷりと。
静かに絵を見るのもいい時間です。




途中下車して、銀座LOFTで開催中の
ほぼ日手帳 2020 発売記念イベント
「好きから、はじまる。」の「あの人の、好きなもの」に
ナオコさんの好きなものが展示されているということで、
見てきましたよー

ふむふむ、これね!
ナオコさんらしいー

かわいい文房具をゲット。

有楽町で大好きなソフトクリームを食べて
帰ってきました。


199i3037.jpg
  1. 旅・おでかけ
  2. | trackback:0


和のあかり展 :: 2019/08/25(Sun)



今朝体操に出かける時は、風がひんやり、
秋の風だーと感じたのですが、
日が射してきたら、いつもの暑さにー

午前中、お店に行く前、今年もホテル雅叙園で開催中の
「和のあかり×百段階段」に行ってきました。

日曜日の午前中、開館と同時に行きましたが
すでに多くの方たちが~

今年は長崎のランタンフェスティバルのお部屋も。
元々、柱などに細かな彫刻がされている豪華なお部屋
「漁樵の間」にこのランタンがぴったりでした。


198i0968.jpg


廊下の天井の提灯が、異国情緒を
感じさせてくれます。


198i0963.jpg


こちらの空間はなんと、竹でできたあかり。
このお部屋のいけ花もいい香りで素敵でした!

198i0999.jpg

198i1002.jpg

198i0998.jpg



色彩鮮やかなあかりもいいですが、
和紙の柔らかで、光の強弱が美しいあかりも私は好きでした。




198i0990.jpg

198i0988.jpg


切り絵のうちわに光を当て、影を楽しむ影絵も面白かったです。


198i1010.jpg


山口県の柳井金魚ちょうちん祭り。
ひとつひとつが結構大きいので、たくさん並ぶと迫力があります。


198i1017.jpg


迫力といえば、青森のねぶた祭り。
この目力~

初めてみるサンドアートも素敵でした。

暑いのも忘れて、それぞれのあかりの空間、
楽しませて頂きました!
来週の日曜日まで開催されています。




198e4014.jpg


今日もご来店頂きまして、ありがとうございました!
明日・明後日は定休日です。

  1. 旅・おでかけ


トンネルの向こうは :: 2019/08/19(Mon)




今日からお店は三連休。
朝から東海道線に乗り、本を片手にのんびり電車に揺られ
海の近くへ。

トンネルの向こうは・・・
この感じ、わくわくしますね。


198i2897.jpg


海が広がっていましたー
雨の予報でしたが、時折陽も射して
傘も使わずに済んでよかったです。


198i0937.jpg


初めて降りた海岸は、砂浜は少なく、
大きな石がゴロゴロところがる河原のような海岸。
いろんな魅力的な石が転がっていました。


平日、人気のない海岸はどこか遠くに来たみたいですが
駅の改札では特大ちょうちんが迎えてくれました。


198i0934.jpg


小田原といえば提灯♪


198i2892.jpg


八重樫さんと待ち合わせてnico cafeさんへ。


198i2888.jpg


念願のから揚げごはんを頂きました!
噂通りの美味しさ。
こんなにカラッと上手に揚げられたなー
から揚げ、大好きですが、
nico cafeさんの、とっても美味しかった!

そうそう、一番の目的は八重樫さんとの
秋の展示の打ち合わせー
まだまだ暑いですが、ウールのお話。
暑くても、この暑い中、
八重樫さんは毎日秋の展示にむけて制作中です。
今年はなんと10回目(もう10年~)の作品展。
新作も楽しみです!
11月1日(金)から開催しますので、
どうぞお楽しみに!


  1. 旅・おでかけ


庭園美術館へ :: 2019/08/13(Tue)




今日は空模様が不安定で雨が降ったり、晴れ間が出たり
忙しいお天気でした。
湿気が多く暑いし、雨も降りそうだし・・・
こんな日は美術館が良いなーと
近くの庭園美術館へ。
家を出る時は小雨がぱらぱら。
歩いているうちに晴れてきました。


198i0864.jpg

現在の展覧会は
「1933年の室内装飾
朝香宮邸をめぐる建築素材と人々」

庭園美術館の建築自体をじっくり見られる
展覧会のようなので、とても楽しみー


198i0909.jpg


タイトルにあるように「建築素材」もテーマ。
タイル・大理石・木材・壁紙など建築素材についても
細かく説明があって、

玄関のラリックのガラスのレリーフも素晴らしいですが
床の細かなモザイクタイルは天然石で制作されているそう。


198i2872.jpg

大客室の扉。
エッチング・ガラスの模様、よく見るとかわいいー


198i0868.jpg

大食堂は食物のモチーフで統一されていて、
天井のシャンデリアはフルーツのレリーフ、
ラジエーターカバーは魚や貝のモチーフ。


198i0871.jpg

各部屋、床もそれぞれ違って、
木材を使った床も何部屋かありましたが
それぞれ貼り方や木の種類が違うようで
床だけ見てても楽しい~
ケヤキ、黒檀やカリンなどの寄せ木張り。


198i0877.jpg


殿下寝室の扉。
樟の玉杢が使われています。
玉杢とは樹木の瘤のある面をスライスすると
現れる模様だそう。

198i0887.jpg


白黒のタイルがモダンなベランダ。
この市松模様の白黒の床も大理石。


198i0882.jpg


どの部屋の床も見逃せませんが、
天井のカーブやデザイン、照明もその部屋ごとに
どれも素晴らしく、上を見上げたり、下(床)をみたり、
壁や柱、扉、ドアの取っ手とみるところたくさん~


198i0879.jpg


こちらの浴室も細かなタイルでとても素敵でしたー





198i0895.jpg

そして通常は非公開のウィンターガーデンが
公開されています。

こちらも白黒のタイルがモダンな温室として設計されたという
ウィンターガーデン。

198i0898.jpg


水道の蛇口や排水溝があります。


198i_0897.jpg



198i0899.jpg


蛇口ひとつとっても素敵~と
見入ってしまいます。


198i2870.jpg


美術品などのコレクションの展示も見られて、
暑いのも忘れて数時間、堪能させて頂きました♪
いいもの見せて頂きました~




休み明け、明日から常設展示になりますが、
しましま作品、引き続きご覧頂ける作品もございます。
ふわりさんのお洋服も引き続きご覧頂けますので、
心地よく着られるリネンのアイテム
ぜひご試着ください!


  1. 旅・おでかけ


着いてみたら・・・ :: 2019/07/30(Tue)




今日は近場の海、城南島に行ってみようーと
はりきって朝から出かけたのですが、
行く直前、バスの時間を調べていたら、
違う行き方が出てきてそっちのほうが行きやすいかと
変更したら、着いた場所が違う公園でした(笑)


197e2915.jpg


どこで、どう間違ったんだか(笑)
バスを降りて、公園方向に歩いてみると
着いたのは大井ふ頭中央海浜公園。
せっかくなので、なぎさの森を散策。

この暑さ、ほとんど人影もなく、
木陰は風も通って気持ちがよかったです。


197e2924.jpg

ハマボウがひっそりと咲いていて、いい感じ~
夏ですねー

木陰を歩いても汗だく・・・
長時間はいられませんねー

バスに乗って電車の最寄り駅へ。
ここまで来たので、食べてみたかった蒲田の
羽根つき餃子のお店、姪のお勧め「歓迎」へ。


197i2792.jpg


これが噂の!
塩ラーメンと餃子のランチセットに追加し
もう一皿、羽根つき餃子を~
これで¥300という値段にもビックリー
ジューシーで美味しかったです!
(ランチの安さにもびっくり)

予定とは違ったお出かけになりましたが
餃子が食べられたし、ま、いいか~(笑)
城南島へはまたの機会に。


  1. 旅・おでかけ
次のページ