ura-ekoca






pictureの新作 :: 2018/06/19(Tue)




梅雨の晴れ間、久しぶりに青空がのぞきました。

お店にはオッタエーカル 八重樫茂子さんの飾る織作品として
ここ数年取り組まれている「picture」シリーズの新作が届きました。
これまでピッチャーや花器、はさみ、椅子など生活まわりの道具や
花や木などをモチーフに織られていますが、
今回も花をモチーフにした作品が届いています。


186e5443.jpg


黒がベースというのはあまりなかったと思いますが
色が引き立ち素敵ですね!





186e5448.jpg


金曜日から始まります、木星社 + 東大阪繊維研究所さんの初夏フェア
サフィラン社のフレンチリネンの糸を使い、
国内ではわずかとなってしまった手横機を使い、
職人さんの手で仕上げられた「フレンチリネンのカーディガン」
新色のTurmericの他、Charcoal、DenimBlue、SandBeige
そして写真のPaprika(赤)の4色も再入荷し、全色並びます。


186e5457.jpg


サラッと風通しの良さはご覧の通り。
ポケットの付き方や、手縫いでつけられたホックなど、
木星社さんがおっしゃるように「作品」と呼べるカーディガンです。





サイトのnewsでお知らせいたしましたが、御菓子屋うえださんの焼き菓子販売、
23日(土)とお知らせしておりましたが、22日(金)初夏フェア初日から販売させて
頂きます。予定が変更になり、申訳ありませんがよろしくお願い致します。
(15時以降 お取り置き可能です)


  1. 新作のお知らせ


今日から6月 :: 2018/06/01(Fri)




今日から6月です。
メインテーブルには、昨日もお知らせしました
フランス・ブルターニュで作陶されている上原絵里さんのうつわや
熊田恵子さんのwashiシリーズ、
くまがいのぞみさんのあられ模様のお皿などが並んでいます。


185e4599.jpg


えりさんのうつわ、昨日ご紹介しました「ぶんぶく」には
台付きのボウルや片口なども。


185e4542.jpg


ぶんぶくとしのぎのカップ。


185e4605.jpg


しのぎカップは3色が並んでいます。


185e4538.jpg


前回届いた際も好評だった花器。
今回の色合いや質感も素敵です。


185e4533.jpg



185e4536.jpg


それぞれほとんど1点もの、
早々にいくつか売れておりますが、
ニュアンスのある色合いとともに、お楽しみください!
素敵ですよー


  1. 新作のお知らせ


木星社さんの2018SS 靴下2型入荷しました。 :: 2018/05/22(Tue)




お休み明け、常設展示になりましたが、
早々に常設に並んだ江籠さんの作品を見にきてくださった方、
抽選に当選されたお客様が次々とご来店くださいました。
どうもありがとうございます。

作品展についてもいろいろご感想を頂いたり、
今日も皆さまといろいろお話をして
楽しい時間でした!
頂いたご感想など、江籠さんにもお伝えしたいと思います。

オブジェ作品は完売致しましたが、
ブローチがいくつか並んでおります。





185e4314.jpg


さてさて、大変お待たせしておりました
木星社さんの春夏の新作靴下が入荷致しました。


185e4310.jpg


まずはこちらのイタリアリネンの靴下。
木星社さんのリネンといえば、サフィラン社のフレンチリネンを
よく使われていますが、
初めてまた違った良さのあるイタリアリネンを使って作られた靴下。
木星社のとくもさんの表現をお借りすると、
サフィラン社のリネンはお嬢様、イタリアリネンは元気いっぱいのおてんばな
女の子といったイメージだそう。
言葉でその風合いの違いをお伝えするのが
なかなか難しいのですが、サフィラン社のリネンの糸の靴下と
並べてみると、光沢の出方などが確かに違います。
紙質(写真など)もツヤ(光沢派)があるほう、
マットな質感のほうがお好きな方といらっしゃると思いますが、
見た目や履き心地の違いなども
お試し頂けると嬉しいです。

今回、イタリアリネンの靴下には木星社さんのお馴染みのお色の
DenimBlueをはじめ、新色のWashedDenim 、
作ってみたかったというお色のMomo(ピンク!)の3色展開。
光沢が出過ぎないこの素材にぴったりのお色。


185e4307.jpg

3色のお色をツートンにしたタイプも3色展開。
左から、WashedDenim×Cloud、
Cloud×Momo、 DenimBlue×Cloudです。
(Cloudはシルバーとライトグレーの中間のようなお色です。)

それぞれ中白染めなので、洗いをかけると
デニムのような風合いに。





185e4303.jpg


そしてもうひと型が「超長綿の鹿の子くつした」
こちらも木星社さんらしい、ふんわりとしたコットンの靴下。
超長綿という素材も、木星社さんが扱う素材ではお馴染みですが、
手摘みのインド綿を使用した高品質のコットン。
その柔らかで肌触りの良いコットンを鹿の子編みで
ざっくりと仕上げた靴下。
一見、肉厚にみえますが、編地を伸ばしてみると
メッシュのような透け感と軽さがあるので、
コットンでも熱がこもるようなことがなさそうです。


185e4299.jpg


こちらは限定色を含む、5色展開。
左からLavender、Mustard、Cobalt、RainyDay、
そしてこちらにもピンクのSalmonPink!
限定色のLavender、裏糸が白なので、淡いピンクのようにも
見えますし、同じく限定色のSalmonPink、
イタリアリネンの靴下のMomoよりもビビットなお色。

RainyDayと素敵なネーミングのやや明るめのグレーも
とってもいいお色。

SalmonPinkやMustard、Cobaltなどの
発色が良いお色は、差し色にサンダル(tevaやBIRKENSTOCK)と
合わせても良さそう!

靴下のPINK、なかなか無い色ですので、
今夏は早速取り入れたいと思います!


  1. 新作のお知らせ


オリジナル キッチンクロス :: 2018/01/26(Fri)

181e1924.jpg


オリジナルのキッチンクロスができました。
新年、自宅用に新しいクロスが欲しいなぁと思っていたところ
良い生地がみつかりました。
自宅で使って試し、とても良かったので少しづつ作っています。

国内のシャトル機で織られたリネン100%の生地は
厚すぎず、薄すぎず、吸水性もバッチリです。
吸水性が良い厚手の生地だと、グラスや薄つくりのうつわは
拭きづらかったり、薄手すぎるとすぐびっしょりとしてしまうし、
なかなかいい厚さのをみつけるのが難しい。

店で縫製後、何度か洗いをかけてからお店に並べます。
ライン入りのシンプルなクロス。
最初は少しかためですが、徐々に柔らかくなってきます。
ラインはその時々で変わりますが、
黄色と黒が並んでいます。


181e1930.jpg


ループもつけました。

クタクタになるまで使い込んで頂ける
目のつまった良い生地のクロス。
お試しください!






181i0737.jpg


我が家にも白くてちっちゃな新入りさんがやってきました。
新入りさんがどうも気になる古株くん。



  1. 新作のお知らせ


東大阪繊維研究所さんのTシャツ :: 2017/09/13(Wed)




昨日もご紹介しました木星社さんと同じ糸屋さんが立ち上げた
新ブランド「東大阪繊維研究所」
木星社さんは女性がお一人で企画されていますが、
新ブランドの「東大阪繊維研究所」さんは男性がお一人で
企画されています。
長年アパレルに携わっている中、
「Tシャツを高品質に作るためには、糸から作る必要がある」とのことで
このブランドを立ち上げられました。



179e8425.jpg



第1弾にご紹介するのは、ペルーコットン天竺 丸首Tシャツ。
柔らかくてふくらみのあるペルー産の超長綿をぎゅっと度詰めにして編んだ
しっかりとした張りとコシのある風合いのTシャツです。



179e8443.jpg



コンセプトには、
「単に高級な素材を使ったり、奇抜なデザインの製品を作るのではなく、
シンプルで使いやすく、長持ちするものを作りたい。
そのために必要な、原材料、撚糸や染色、編みたて、縫製などの技術を高め
適切なバランスの製品を作る」と書かれています。



179e8435.jpg



首のラインの縫製もこの通り。



179e8429.jpg


左袖には「東大阪繊維研究所」のタグが。
海外の方にはこのタグが好評だったそうです。


179e8454.jpg


メンズ担当に着てもらいました。


179e8459.jpg


お色は3色、トップ染めの糸ならではのメランジトーン。
左から ネイビー、グレイ、ピーコック。
サイズは2サイズ MとLがございます。

木星社さんは女性目線のやさしい着心地のよいアイテムですが
東大阪繊維研究所さんは男性目線のタフで
着心地がよいものといった感じです。

日本紡績検査協会による試験により、洗濯機による洗濯をおこなっても、
寸法と形状に変化がでないというデーターを取得しているそうで、
ご家庭でどんどん洗濯してくださいとのこと。

木星社さんの着心地の良さを味わって頂いている女性の方からも
男性にお勧めしていただきたいアイテムです。





華順さんの事前予約の抽選結果の返信おハガキを
本日、投函致しました。
明日以降、皆さまのところへ届くかと思いますので
どうぞよろしくお願い致します。
定員数をはるかに超えた応募を頂いた為、
多くのお客様のご希望に添えず、
大変心苦しいのですが、当日17時以降は
通常通り入店頂けますのでよろしくお願い致します。
当選されたお客様、当日ご入店の際にはハガキが必要ですので
保管していただくよう、よろしくお願い致します。

ご応募頂きました皆さま、どうもありがとうございました。


  1. 新作のお知らせ
次のページ