ura-ekoca






始まりました。 :: 2019/11/22(Fri)

1911e7377.jpg


松本かおるさんの個展、「私世界」
始まりました。
あいにくの雨模様の中のスタートでしたが、
雨にも関わらず、皆様にご来店頂きまして
ありがとうございました!


1911e7391.jpg


メインテーブルには、焼締め、焼締めに漆を塗った作品、
お皿やボウル、鉢に花器などが並びました。


1911e7362.jpg


白、オレンジ、ピンクにグレー、黒と奥深い焼締めのお色と
艷やかな漆、マットな漆と同じアイテムでも質感の違いを
ご覧頂けます。


1911i0242.jpg



ビアマグ、ワインカップ、徳利におちょこなどの酒器や
マグカップなども焼締め、漆を塗ったもの、磨き漆と
いろいろ並んでおります。

雨が続きそうではありますが、雨も似合う焼き締めのうつわ、
ぜひこの機会にお手にとってご覧頂ければと思います。
明日もかおるさんと、皆さまのご来店
お待ちしております!

初日ご来店頂きましたお客様、ありがとうございました!





1911e7415.jpg

Fさん、Aさんからの嬉しいお土産~
wellkさんのモンブラン♪
おやつに頂きました~
モンブランのゼリー部分と磨き漆のお皿のお色が
同じトーンでした。
ご馳走様でした♪

  1. イベント


明日から始まります! :: 2019/11/21(Thu)

1911e7336.jpg


今日はお休みを頂いて、朝から明日から始まる
松本かおるさんの個展準備です。

夕方にはかおるさんも輪島から到着。
たくさんの作品、なんとか店内に並びました!

備前の土を使った焼き締め、
そして輪島に拠点を移されてから取り組まれている
焼しめのうつわに漆を塗ったシリーズ。

漆を塗ったシリーズにも、艶やか漆のもの、
拭き漆のもの、拭き漆の後、やすりをかけ何度か繰り返した
磨き漆と、それぞれまた違った表情です。

新作の磨き漆の大鉢の素敵なこと!


1911e7349.jpg


釉薬をかけずに焼き方で色を出していく焼き締めですが、
ひとつのうつわの中でも本当にいろんな色合いを見せてくれます。
そしてまた1つ1つ違うのです。

生まれる前の遠い記憶を思い出させてくれるような
松本かおるさんの焼き締めのうつわ。


1911e7343.jpg


表や裏側、底・・と、どこを見てもいろいろな表情や色合いで
楽しませてくれます。

ぜひお手にとって、ゆっくりとご覧頂ければと思います。

明日から会期全日、松本かおるさんも在店してくださいますので
いろいろお話しを聞かれてみてください!

皆様のご来店、お待ちしております。


松本かおる 個展
「私世界」
11月22日(金)-26日(火)


  1. イベント


明日は準備 :: 2019/11/20(Wed)




休み明け、11月の常設展示は今日が最後となりましたが、
ご来店頂きましたお客様、ありがとうございました!

明日はお休みを頂き、明後日から始まります
松本かおるさんの個展の準備。

店内いっぱいに焼締めのうつわが並びます。


1911e7301.jpg


鉢やお皿、飯碗に花器やマグカップ、そして酒器など・・・
同じ形や大きさでもひとつひとつ違う色合いの焼締め。
ぜひご覧くださいませ。

松本かおる 個展
「私世界」
11月22日(金)-26日(火)


松本かおるさんも毎日在店してくださいます。

  1. イベント


焼しめ+漆② :: 2019/11/16(Sat)

1911e7300.jpg


今日も晴れて、気持ちのいいお天気。
厚手の生地のgigiなどが、昨日届いております。
常設展示はあと定休日明け20日(水)となります。
21日(木)は個展準備の為お休み、
松本かおるさんくまがいのぞみさんの個展と続き、
12月6日から常設展示になりますので
よろしくお願い致します。

今日は小学生になったKちゃんが久しぶりにお店に来てくれました。
学校のことなど教えてくれたり、
いろいろおしゃべりできて嬉しかったです。

明日・明後日は定休日となりますので
よろしくお願い致します。





1911e7167.jpg


来週22日(金)から始まります、松本かおるさんの個展
こちらのワインカップもころんとしたフォルムが
かわいいらしく、手に馴染む形で、
昨年の個展でも女性のお客様に好評でした。


ワインカップ、内側は焼締めの肌をそのまま残し
口当たりが良いように外側だけ漆を塗ったタイプの新作も。

外側の漆も艷やかな漆仕上げのものと
磨き漆仕上げのものがございます。


1911e7161.jpg


左は焼締めの黒に磨き漆。
右はオレンジ色の焼締めに艷やかな漆を外側に。

磨き漆は拭き漆の後にやすりをかけ、
拭き漆、やすり・・と何度か繰り返した仕上げのものを
今回「磨き漆」と名付けられました。
艷やかな漆(陶胎漆器)と磨き漆は
輪島の職人さんが手掛けてくださっているそうです。

※拭き漆を1度だけ施した「拭き漆」の仕上げは
かおるさんご自身が手掛けられているそうです。


1911e7175.jpg


焼締めの黒い土肌の磨き漆のワインカップは
マットなつや感で金属のようにも見えます。
もともと飴色の漆、焼締めの土肌の色の違いで
それぞれ漆の色合いが違って見えるところも面白いところです。
触るとスベスベとした手触り。

写真でご覧頂いた印象と実物はまた違った印象を
持たれるかもしれません。
ぜひお手にとってご覧いただけたらと思います。

松本かおるさんは会期中、
毎日在店してくださいます。

松本かおる 個展
「私世界」
11月22日(金)-26日(火)

  1. イベント


2つのうつわ展 :: 2019/11/15(Fri)




今日は朝もひんやりと冷えました。
御菓子屋うえださんの焼き菓子販売、
早々からご来店頂きましてありがとうございます。

季節のメニュー、キプフェルが届いています。
アラレ模様のくまがいさんのうつわに。
(焼き菓子はまだ全種類ございます)

松本かおるさんのうつわ展に続き、
再来週29日(金)からはくまがいのぞみさんのうつわ展と続きます。

くまがいさんのうつわ展は今年で3回目。
年内最後の個展です。
冬の展示、くまがいさんならではのアイテム、
耐熱のうつわが多く並びます。


kumagai2019b.jpg

今年のDMハガキにも、くまがいさんちの食卓の一コマが。
黄色い土鍋の蓋を開けたら、湯気がふわーっと漂ってきそうです。
DM写真は今年も写真家の長島有里枝さんが撮ってくださったそうです。

我が家も昨年、くまがいさんの黄色い土鍋に~
冬の食卓がほんわか、暖かくなります。


くまがいのぞみ 陶展 
「何時もの中に」
11月29日(金)-12月4日(水)

器、土鍋、時々どうぶつ。
ちょっとあったら嬉しい物など。


時々どうぶつ・・・が気になりますね!
どうぞお楽しみに~





1911e7148.jpg


そして、来週金曜日から始まります
松本かおるさんの個展「私世界」

毎回個展では好評の焼締めの黒。
この黒を出すのが一番むずかしいのだそうです。

こちらも陶器ではないような佇まい。


1911e7150.jpg


修行僧が使う、応量器のようなフォルム。
手の中にすっぽりと馴染みます。
この丸さがかおるさんらしい作品。


1911e7184.jpg


お馴染みのころりん花器もまん丸。
この土の中からひょっこりと(発掘されて)出てきたような姿は、
どこか遠い遠い記憶とつながっているようで
愛おしさを感じてしまいます。


1911e7204.jpg


道路脇にそっと咲くような野の花も
可憐にみせてくれます。

ころりん花器もいろいろな土の色合いを楽しんで頂けると思います。


  1. イベント
次のページ