ura-ekoca






糸を楽しむ :: 2018/06/21(Thu)




朝には雨も上がって、ムシムシと梅雨らしくなってきました。
明日は暑くなりそうです。

明日から始まります、木星社 + 東大阪繊維研究所さんの初夏フェア
昨日もちらりとご紹介しました、東大阪繊維研究所さんのTシャツ、
コットンリネン インレー 丸首Tシャツです。


186e5491.jpg


インレイ編みとは地糸の編立て中に、別の糸を編目の聞に挿入して編んだもの。
織物に近い編地になるそうです。
Navy,Grey、Blue、Yellowの4色展開。

こちらのお色はNavy。
遠くからみると単色に見えますが、
よく見るといろんな色の糸が集まっているのがわかります。
糸づくりは、手触りや肌ざわりなどの風合い、
耐久性などの丈夫さはもちろん、
色合いの表現にも関わってくるのです。


186e5494.jpg


表はノルマンディ産のフラックスから紡績されたリネン、
内側はインド超長綿。
表面はさらっと、内側はサラッとしつつも滑らかな肌触り。
表と内側で素材の違いを感じて頂けます。

暑い夏に気持ちの良い素材のTシャツ。
Tシャツですから、ガラガラと洗濯機で回す回数が多くなりますが、
東大阪繊維研究所さんのTシャツは
洗濯機で洗った後の寸法や形状の変化についても検査済み。

こちらのコットンリネンの他に、ペルー綿やインド綿のTシャツが
ございますので、それぞれどんな風に違うのか、
ご覧頂けたら嬉しいです!




糸づくりから始まるものづくりは木星社さんも同じ。


186e5507.jpg



フレンチリネンのカーディガン。
Sand Beige


186e5521.jpg


木星社さんのタグ代わりの印。
「こっちが後ろですよ」のマーク。
リネン×強撚コットンの半袖カーディガン Cobalt
(リネン×強撚コットンのプルオーバー)


186e5511.jpg


イタリアリネンの靴下
※中白染め(糸の中心を白く残したまま染める) ならではの色合い
DenimBlue×Cloud


186e5504.jpg

綿麻シルクのケーブルベスト
Natural

リネンやコットン、シルクといった素材、
素材の組み合わせ方、糸の細さ、糸の撚りの強さ、
そして色の出し方、
よく知る木星社さんのアイテムも
あらためて「糸」から見て頂くと、楽しいかもしれません。

靴下、レギンス、カーディガンにプルオーバー、
タンクトップにストール、
そしてフェア限定の手編みのベストなど
いろいろなアイテムがご覧頂ける機会です!




明日は御菓子屋うえださんの焼き菓子も並びます。
ドライフルーツ、キャラメル、ココナッツとチョコ、ピーカンナッツ、
マカダミアハニー、フロランタン、チーズとごまの7種類。
(15時以降、お取り置きも可能です。)

皆さまのご来店お待ちしております!

※フェア会期中、常設作品もご覧頂けます。

  1. イベント
次のページ