ura-ekoca






和歌山へ :: 2015/09/08(Tue)

IMG_6758.jpg


日曜日から3日間、夏休みを頂き、
初めての和歌山へ。
高野山、熊野三山、熊野古道・・・などなど
世界遺産となっている「紀伊山地の霊場と参詣道」の
一部をぐるりと巡ってきました。



IMG_6641.jpg


1日目、まず向ったのは、
開創1200年の高野山へ。
大阪駅まで新幹線、バスに乗り換え、奈良県を通って
和歌山県の橋本駅へ。
そこから、乗ってみたかった南海電車
こうや花鉄道の「天空」で、高野山まで。

IMG_6637.jpg


特別列車「天空」の車内。
大きな窓に向って、座席が設けられているので
標高92mの橋本駅から終点の極楽橋535mの急勾配を
登りながら、山の変わっていく景色を楽しめます。
晴れていたらまた違った景色も楽しめたかと思いますが
霧がかかった山々も幻想的で、とてもよかったです。


IMG_6661.jpg


ケーブルカーに乗り換え、高野山駅へ。
高野山は弘法大師、空海が開いた
標高900mの山頂に広がる弘法大師空海が開いた天空都市。
降りた瞬間から空気が違います。
たくさんの寺院や宿坊が並ぶ景観は別世界。



IMG_6664.jpg



まずは奥之院へ。
雨が降ってきましたが、
沢山の供養塔や樹齢年の杉の巨木が
雨でより幻想的に。


IMG_6670.jpg


聖域の為、写真撮影はできませんが、参道の奥、御廟橋を渡ると
弘法大師御廟が。
弘法大師 空海は、いまもこの御廟で瞑想を続けていらっしゃるそうです。
1200年間、「生身供」といい、毎日朝6時と10時半の2回
御廟のお大師様にお食事が届けられているそうです。



IMG_6728.jpg


高野山の二大聖地と言われている壇上伽藍へ。
真言密教の道場としてお堂や塔が建てられています。
色鮮やかな根本大塔。
高さ約50mの大きな塔の内部には、
空海が説いた曼荼羅の世界が立体的に描かれています。



IMG_6725.jpg


総本堂 金堂。
開創1200年を記念し、10月には御本尊の特別開帳があるそうです。


IMG_6733.jpg

IMG_6751.jpg


IMG_6825.jpg


国宝の不動堂など、時間に限りはありましたが、
ひとつひとつ静かな時間の中、見ることができました。




IMG_6819.jpg


金剛峯寺(こんごうぶじ)は、高野山真言宗の総本山。


IMG_6813.jpg

世界遺産に登録されています。


IMG_6809.jpg


拝観時間外で、建物の中に入ることはできませんでしたが、
建物をみられただけでも良かったです。





IMG_6759.jpg


今回宿泊したのは、宿坊。
高野山の山内には、52の宿坊があるそうです。
一般の参拝者が泊まれるところも多くあるそうで、
私たちも初めて宿坊に泊まりました。


kouya1.jpg


宿坊に泊まるのは初めてでしたが、
洗面所やおトイレは共同ですが、それぞれ広めの個室で
テレビもありました。
お風呂も大浴場があり、ゆっくりお風呂にも入れました。


IMG_6675.jpg


お世話になった宿坊には、国の名勝にもなっている素晴らしい庭園があるのですが、
非公開で宿泊者しか見られないそうです。
ゆっくりお庭を眺めたり、静かな時間。
宿泊者だけが見られるというのも、それぞれの宿坊に泊まる楽しさのひとつ。
朝には勤行(お経などを聞く、朝の礼拝のようなもの)があり、
宿泊者は誰でも参加できます。


kouya2.jpg


夕食と朝食は精進料理
肉や魚を一切使わず、五味・五法・五色が精進料理の基本。
しょうゆ、酢、塩、砂糖、辛みの五味、
生、煮る、焼く、揚げる、蒸すの五法。
5つの色合い。
高野山の精進料理には更に五禁というのが加わり、
ねぎ、にら、らっきょう、にんにく、しょうがなどの強い香りのものを
使ってはいけない五禁というのがあるそうです。

写真は夕食ですが、もうひとつお膳があり、
そこには高野豆腐や野菜の煮物、もずくの酢の物や
寒天のデザートなども並びました。
お寺で毎日作られるという、ごま豆腐の美味しかったこと!
高野山のごま豆腐は、ごまの皮を剥いてから作るので、
真っ白なごま豆腐になるそうです。


IMG_6789.jpg


夕食後の散歩はライトアップされた壇上伽藍へ。
お寺の朝は早いので、早めに就寝。
時より、どしゃぶりの雨の音が聞こえてきましたが、
お寺の夜は静けさそのもの。


IMG_6820.jpg


朝も早く起きて散歩へ。
掃き清められて、本当に気持ちがいいものです。
精進料理も私は好きなので、とても美味しく頂いたし、
宿坊での静かな時間、またぜひ味わいたいです。



IMG_6696.jpg


標高の高い高野山は、紅葉も始まっていました。
2日目は熊野へ~(続く)