ura-ekoca






そばちょこ展作品のご紹介⑥ :: 2015/09/09(Wed)

toda-choko1


いよいよ明日から開催のそばちょこ展。
素敵な写真を送ってくださった戸田文浩さん。
戸田さんは埼玉の所沢で制作されています。

戸田さんの普段のそばちょこ使いをお伺いすると、
たくさんの使い方をお話くださいました。

「お茶、コーヒーなどお茶系、お冷、牛乳など冷たいもの、
冷酒、ワイン、焼酎ロックやお湯割りなどお酒など、飲み物にも使いますし、
ヨーグルトにジャムやフルーツなど添えたものや、
シリアル、グラノーラに牛乳をかけたもののデザート系、
サラダ、酢の物、和え物の小鉢として使います」とのこと。
中でも毎朝登場するのがヨーグルト用。
お蕎麦のそばちょことして使うことは逆に少ないそうです。


toda-choko2.jpg


「最近は「白」にまた回帰してまして、表情のある白いうつわを作ってます。
使う方のテーブルを料理といっしょに盛り立てられたらうれしいです。」
とメッセージを頂きました。

戸田さんの定番、柔手や彩陶、そして新作の白いうつわ。
口に黒のラインがすっと引かれたものなどが並びます。

写真 戸田文浩





dazai-choko1.jpg


続いては、昨日雨の中、作品を持ってきてくださった太宰久美子さんのそばちょこ。
東京・東中野で制作されている太宰さん。
太宰さんの作品はいつもどんなものを作られるか
予想がつかないのですが、今回の作品はグレーや白にプチプチと小さな玉の装飾がついた
かわいいそばちょこ!
太宰さんいわく、「レディース系」(ガールズ系??)

「デザート系をかわいく入れてもらったらいいかな」と太宰さん。


dazao-choko2.jpg


こちらはストライプ系
やっぱり太宰さん、形がユニークなそばちょこも。
ブルーのしましま、カーキ色のような茶色のような色のしましま、
どちらも1点1点、ラインの入り方が全部違います!

ユニークな形のそばちょこには、
ディップとかソースを入れたりしてもいいかなと。

豆腐のディップにはまっていたそうで、
水切りした木綿豆腐をミキサーに入れ、
塩とちょっぴりお酒を入れて好みの味にし、
生野菜やゆでた野菜などをつけて食べるそうです。

太宰さんのそばちょこは1点1点違うものが多いので
よ~くご覧くださいね!





chie-choko1.jpg


そして、小林千恵さんも昨日雨の中、持ってきてくださいました!
千恵さんは、神奈川・本牧で制作されています。

新作、しましまそばちょことギザギザそばちょこ。
最近いろいろなアイテムで作られているギザギザシリーズですが、
きれいに丁寧にギザギザの線を入れて、レースのような感じに・・・
と思っていたそうですが、
「イメージしていた通りになったかな!」とおっしゃっていました。


chie-choko2.jpg


こちらは千恵さんの定番!?金彩シリーズのそばちょこと
金彩葉紋そばちょこ。
フルーツを入れたり、ちょっと小腹が減った時に
グラノーラやシリアルなどを入れたりするのが
千恵さんのそばちょこ使いだそうです!





ana-bro.jpg


そして、先日もお知らせしました瀬戸の穴山大輔さんが
主宰する「翆窯」の染付ブランド「KAWASEMI」の
そばちょこブローチ。
紋様もいろいろ・・・

「器好きなら放っておけないのが、蕎麦猪口ですね。
そして、そんな蕎麦猪口好きもうならせているのがこの蕎麦猪口ブローチです。
魔除けや縁起物として古くから親しまれている「矢羽根」紋様が
描かれたそばちょこ型のブローチ。
ただでさえ小さくてカワイイ蕎麦猪口がさらに小さくなり、
ファッションの一部として取り入れられます。
早速、身に付けて、器好きの友達に自慢して下さい!」とメッセージを頂きました!






kawakami-choko1.jpg


雨の影響で遅れていた荷物も無事到着!
河上智美さんの作品が届きました。
河上さんは、茨城県の常総市で作られています。
(大雨の影響が心配ですね・・・)

写真はしぼりモールそばちょこ。
クリアとグレーの2色。
小鉢としてのガラスのそばちょこも夏に限らず、我が家では一年中使います。
陶器や磁器のうつわの食卓に1つガラスのうつわが加わると
アクセントにもなるので、季節を問わずお薦めです。


IMG_6951.jpg


こちらもまた河上さんらしいアイデアそばちょこ!
イチゴモールのそばちょこに木のふたをつけてくださいました。
木の蓋の中央には少しくぼみがあるので、
めんつゆと薬味だったり、お酒とおつまみ、冷たいお茶とお菓子・・などなど
使い方を考えるのも楽しい作品ですね!






kenzou-choko1.jpg


こちらも無事荷物が届いてよかった~の
吉田健宗さんのそばちょこ作品です。
長崎・波佐見で作られています。

健宗さんが最近よく作られている深黄釉の色で
2型のそばちょこを焼いてくださいました。
写真上は広口タイプ。
初めて市松模様にも挑戦されたそう!
「彫る時間がしのぎと比べるとかなりかかってしまいました(笑)」とのこと。


kenzou-choko2.jpg


こちらは広口に比べ、細く、若干背が高いタイプ。
さてさて皆様はどの模様がお好みでしょうか~

12名の作り手さんの作品も無事届き、
いよいよ明日から、「そばちょこ ちょこちょこ展」が始まります!
1点もの、同じものがあるものなど、それぞれで
数に限りはございますが、たくさんのそばちょこが並びます!

ぜひお気に入りをみつけにいらしてくださいませ!
そばちょこコラージュはがきのプレゼントもございます。
(先着50名様)

そして明日は御菓子屋うえださんの焼き菓子が届きます。
明日のメニューは、ドライフルーツ、チーズとゴマ、ココナッツとチョコ、
コーンフレークとクランベリー、フロランタンの5種類です。

どうぞよろしくお願い致します!




  1. イベント