ura-ekoca






和歌山2日目、熊野へ :: 2015/09/13(Sun)



早くも1週間前になってしまいましたが、
夏休み和歌山の旅の続き・・・
ツアー参加の旅だったのですが、神社を中心に行きたかったところへ。






IMG_6845.jpg




高野山の宿坊から、翌日は熊野へ。
我が家の神社巡りはここからが本番!?
熊野三山へのお参りです。


まずは一番楽しみにしていた大斎原へ。
収穫間近の黄金色の稲穂がとてもきれいでした。




IMG_6832.jpg


大斎原と書いて、おおゆのはらと読みます。
熊野三山、熊野本宮大社が元々あった場所で、
縁起は今から二千年も前にさかのぼるそう。
川の中州にあった為、明治22年の大洪水で
大部分が流失してしまった為、移築したのが現在の熊野本宮大社。


IMG_6836.jpg


平成12年に建てられた、日本一大きな大鳥居。
鳥居をくぐると、中は森のようになっていたり、
二つの祠だけがひっそりと旧社地に。
鳥居から中は、むやみに写真などは撮ってはいけないとなっていたので
写真を撮りませんでしたが、とても気持ちの良いところでした!
来られてよかったなぁ~



IMG_6837.jpg



稲刈りのこういった風景も久しぶり。
海外から来ていた方たちも田んぼの風景、
一生懸命写真を撮られていました。
高野山・熊野はミシュラングリーンガイドで三ツ星だそうで、
欧米から来られている外国人の方が多かったです。
(高野山は世界的な旅行雑誌「NATIONAL GEOGRAPHIC TRAVELER」で
2015年に訪れるべき世界のベスト20に日本で唯一選ばれたそうです)
海外からいらした方たちには、
高野山や熊野の風景、どんな風に感じられるのかな~


IMG_6863.jpg


大斎原から歩いて、熊野本宮大社へ。


IMG_6860.jpg


石段を上り、大きな注連縄がかかった門をくぐると、
檜皮葺きの大きな社殿が。
3つの社殿があり、それぞれの神様にお参り。
(社殿は撮影禁止でした。)


IMG_6853.jpg


熊野本宮大社には八咫烏(ヤタガラス)の旗やこんな黒いポストまで。
黒いポストというのはここだけだとか!?
太陽の化身とされ、神の遣いである八咫烏。
日本を統一した神武天皇の道案内をしたということで、
導きの神としての信仰があるそうです。
日本サッカー協会のシンボルマークになったのも
「勝利に導く・・・」など、こちらに関係があるそうです。



IMG_6877.jpg



IMG_6879.jpg


熊野古道を歩く頃から、雨もポツポツと。
樹齢800年と言われる夫婦杉も。



IMG_6885.jpg


ずっと見てみたかった「那智の滝」
落差133mの日本一の滝です。
滝に着いた時が一番の雨でどしゃぶり~
そのおかげで水量も多く、大迫力。


kumano-hon.jpg


熊野三山、2つめの熊野那智大社。
こちらに着いた頃には雨もやみ、467段の石段を上がり
社殿へ。


seigan.jpg


那智山青岸渡寺は那智大社と隣接したお寺。
西国三十三所の第一番札所ということで、
全国から多くの信者さんや参拝者が訪れるそう。
山伏の一行の姿も。
神社とお寺が軒を並べて建っているのは珍しく、
神仏習合の時代の名残だそう。


nachi.jpg


青岸渡寺の朱色の三重塔。
ここからも那智の滝が見えます。
よく写真で見ていた景色が目の前にあるというのは
嬉しい気持ちと、なんだか不思議な感じもしました。


IMG_6888.jpg


2日目の行程も終わり、宿泊先の南紀勝浦温泉へ。
ずっと山の景色を見ていたので、大きく広がる海が見えた時には
皆の「わぁ~~」という歓声が。
海も山の森も・・どちらの景色もいいなぁ。
以前見たドキュメンタリー映画の中で漁師さんが話されていた
「森は海をお慕い申し上げて いるし、海は森をお慕い申し上げている・・・」
という言葉が頭に浮かんできました。

宿泊先のホテルには、港から船に乗っていくそう~
かわいいカメさんの船に乗って、ホテルの入口へ。

(3日目に続く)