ura-ekoca






皇居参観 :: 2015/11/17(Tue)

IMG_i3698.jpg


朝方まで雨が降っていたようですが、午前中はいいお天気に。
以前申し込みをしていた皇居参観に行って参りました。
(宮内庁のサイトから参観申し込みができます。)
桔梗門から入り、約1時間ちょっと、皇居の中を案内して頂くコース。
今日は約300人の方が参観にいらしていました。

まず窓明館という休所で、説明を受けたり、
皇居内の施設についての映像を見せてくださいます。
ここには宮内庁生活協同組合の売店があり、
ここでしか買えないお土産があるそうです。
私は日本酒とお菓子を買いました(笑)


IMG_8939.jpg


いよいよ参観スタート。
窓明館を出るとすぐ向かいにあるのが、
元枢密院(もとすうみついん)庁舎。
こちらの建物は現在の国会議事堂のモデルになったと
言われている鉄筋コンクリートの建物です。


IMG_8802.jpg



江戸城だった皇居の石垣には、築城に関わった藩の家紋が
刻まれているそうで、桔梗門の横の石垣には薩摩・島津藩の十字の刻印が。
(石垣の真ん中あたりに、十字のマークが)



IMG_8818.jpg


富士見櫓(ふじみやぐら)
江戸城天守閣が大火で焼失した後に、天守閣の代わりに使われていたと
伝えられているそうです。


IMG_8825.jpg


立派な石垣は自然石を積んだ、打ち込みはぎと呼ばれる
積み方で、加藤清正によって作られたといわれています。



IMG_8807.jpg


皇居内は宮内庁庁舎などもあるため、車も多く走っていました。
ガソリンスタンドがあったのにはびっくり。


IMG_8838.jpg


こちらが宮殿(きゅうでん)の長和殿(ちょうわでん)
宮殿の前の広場が宮殿東庭というそうです。
新年、そして天皇誕生日の一般参賀は
ここで行われるそう。
テレビなどでよく見る映像は
こちらのバルコニーだったのか!
(バルコニーは一般参賀の際に設置されるそう)
宮殿の長い柵の部分は約100mあるそうです。
東庭には約2万人が収容できるそう!
一般参賀の際、皇族の方々がお出ましになる
バルコニーはもっと高いところにあるのかと思っていましたが、
案外と低いところにあったのでした。
(高さが3、4メートルという説明でした。)


IMG_8901.jpg

こちらは中に入っての見学はできませんでしたが、
長和殿隣の宮殿南庭。
いろいろな種類の樹木を寄せて作られた2つの小山の「大刈り込み」。
今日も職人さんたちが手入れをされていました。
紅葉も始まりかけて、とってもきれい~


IMG_8866.jpg


宮殿の先には、一番の見どころ!?
正門鉄橋 通称「二重橋」。
皇居前広場からも見えるこの橋を
渡っているのは不思議な気分です。
めがねのような「正門石橋」がきれいに見えます。



IMG_8869.jpg


二重橋の上から、皇居前広場方向の景色。
いつもはあちらからこちらを見ているのですが、
今日はこちらからあちらを見ています。



IMG_8892.jpg

二重橋から見える皇居前広場と大手町のビル群。



IMG_8886.jpg


皇居内の木々も色づき始めていました。
ぐるりと回り、出発した窓明館へ。

普段見られない景色を見られ、
歴史的なことや知らなかったことをいろいろ知る機会になり
とてもいい経験になりました!
楽しかった!





IMG_8963.jpg


皇居内一般参観を終え、隣の東御苑へ。
(こちらは予約なしで誰でも入れます!)
木々も色づき始め、すっかり秋色へ。
ここの芝生は本当に気持ちよくて大好きです。


IMG_8956.jpg


今日もポカポカ陽気だったのでシートを敷いて、ごろりん。
ふかっと、ホントに気持ちいいです。
ごろんと寝転がって空を見上げると
秋色と真っ青な空でした。


IMG_8969.jpg


まんさくの葉っぱは紅葉真っ盛り。


IMG_8976.jpg


紫式部もかわいい実をつけていました。
ふと「ムラサキシキブ」という名前は花が先なのか
紫式部が先なのか?と疑問に思ったのですが、
江戸時代以降、紫式部にちなんで花の名前がつけられたそうです。

ちょうど帰宅する頃、雨がぽつぽつと降り出しましたが、
ぽかぽか陽気の楽しい休日でした!