ura-ekoca






ガラ紡機 :: 2016/03/09(Wed)

綿花



今日は一日雨降りでした。
また冬の寒さに逆戻りです。
そんな中、今日もご来店頂きまして、ありがとうございます!

コットンのガラ紡ショールもふんわりと軽いカシミアショールも今日のような季節の変わり目の
寒い時にも活躍してくれる巻物です。

上の写真がガラ紡ショールの素材となる綿花。


ガラ紡2


綿をこの筒状のガラ紡機に入れ
筒の部分がガラガラまわりながら、ゆっくり紡がれていく糸がガラ紡。


ガラ紡1


私も以前、簡易型のガラ紡機で実演を見せて頂いたことがあるのですが、
なかなかガラ紡機のことを、うまくご説明できないので、
galaliの水鳥さんにお写真をお借りしました。

galali展は今週土曜日までとなっていますので
引き続き、よろしくお願いします!






1631010393.jpg


かご展が終わり、一旦、かご熱が落ち着いたところでしたが、
お店をやっていると素敵な出会いがあることも嬉しいことです。
縁あって、新しいやまぶどうのかごを育て中。
今まで持ったことのない小さめサイズのやまぶどうかご。

かごの作り手さんは、母が生まれ育った故郷、
私も産声をあげた場所近くで制作されている方。
このかごの蔓を採取したという山は、幼い頃よく耳にした山の名前。
もう何年も行っていませんが、あの山から採れたやまぶどうの蔓で編まれたかごが
今自分の手元にあるというのは、なんだかとても不思議な気持ちです。
しかもこの年齢になって(笑)
国内産のやまぶどうが年々取れなくなっていると聞きますが、
身近な場所にあっただなんて。これもご縁。
皆さまにご紹介できるよう、まずは毎日撫でて育てます。

昨日NHKのBS[イッピン」もかごのお話しでした。
福島 奥会津編み組細工の放送。
マタタビのかごや、やまぶどうなどのかご作り、録画してみました。
三島町では、遺跡から縄文時代のかごが出土されたそう。
2500年前からかご編みの技術や技法は確立されていたとは
本当に驚きでした。
昔ながらの良いもの、これからも受け継がれていくと良いなと思います。



  1. イベント