ura-ekoca






長崎&福岡旅 3日目 :: 2016/05/13(Fri)

1654639.jpg

長崎&福岡の旅も3日目。
早朝の高速バスで佐世保→福岡天神へ。
バスを乗り継いで向かったのは、福岡県・宗像市にある
宗像大社。
こちらも以前からお参りに来たいと思っていた神社です。


1654630.jpg


ぱらぱらと小雨が降る中でのお参り。
大きな石をくりぬいたような珍しい手水舎。
柄杓などがありませんでした。


1654628.jpg


宗像三女神を祀る、古事記や日本書紀にも記されているという
古い神社で「裏伊勢」とも言われているそうです。
今回お参りに来たのは宗像大社 辺津宮で、三女神のお一人
市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)がお祀りされています。

普段あまり願い事はしませんが、
熊本の方たちが一日も早く穏やかに過ごせますように。

ここから海のほうに向かった大島にある中津宮、
そして女人禁制の絶海の孤島、沖ノ島にある沖津宮の3つを
宗像三宮と呼ぶそうです。


1654595.jpg


辺津宮の境内の敷地には沖津宮の田心姫神を祀った第二宮(ていにぐう)


1654592.jpg


そして、中津宮の湍津姫神、第三宮(ていさんぐう)があり、
この辺津宮では、三つのお宮を廻れなくても宗像三女神がお参りできます。
二つのお宮は、伊勢神宮から特別に下賜された別宮の古殿を
移築再建したものだそうです。
伊勢神宮との関係が深い神社なのですね。


1654614.jpg


新緑の季節、雨が降り、参拝されている方も少なく、
しっとりとして静か・・・
木々の緑が一段と綺麗でした。



1654590.jpg


三女神が降臨されたと伝えられている「高宮斎場」に続く森の道。
ここがまたマイナスイオンたっぷり~
歩いているだけで気持ちがよいところでした。


1654605.jpg


「高宮斎場」
古代の祭祀の原型を残す、全国でも数少ない斎場だそう。
ここはまた一段と空気が澄んでいるような・・・
神聖な場所というのが十分伝わってくるところでした。



1654642.jpg


境内の中にある「神宝館」がまた素晴らしく、
海の正倉院と呼ばれる、沖ノ島から出土した国宝の数々が
展示されています。
5世紀頃の純金製の指輪や三角縁神獣鏡、カットグラス片、
日本最古の施釉陶器と言われている奈良三彩小壺などの
国宝が見られます。
古代のことを想像するだけで、なんだかワクワクしてきました。

お庭も手入れされ、本当に気持ちよく良いところでした。
お参りできて、良かった!





1655559.jpg


福岡・天神に戻り、福岡のお店巡りへ。


1655560 (1)


行ってみたかったお店は臨時休業でお休み~残念。


1655563.jpg


3Fのmarcelloさんはやっていました!
素敵だったなぁ~

行ってみたかったカフェもお休み・・・


1655560 (2)


お昼を食べ損ね、すでにティータイム時間。
お腹もペコペコ・・・
美味しそうなサンドイッチ専門店を
みつけ入ってみました。
「THE SANDWICH STAND」
ズッキーニやトマトなどがたっぷりのったクロックムッシュ、
とても美味しかったです!

お店巡りもそろそろ切り上げて、今晩お世話になるフードコーディネーターの
広沢京子さんのおうちがある糸島へ~
電車に揺られ、駅に着くと広沢さんがお迎えに来てくれていました。

<続く>






熊本の地震から今日で1か月。
まだ余震が続き、収束していません。
今日は久しぶりに熊本の江籠さんと電話でお話ししました。
元気な声を聞くことはできましたが、
いつも通りの生活が一日も早く戻ることを
願うばかりです。

江籠さんもそのような状況の中、木使い展の作品、
少しですが制作してくださいました。
いよいよ来週20日(金)から始まる「木使い展」
作品も届き始めています。
またこちらでもご紹介していきますので、
よろしくお願いします。


1654767 (1)