ura-ekoca






木使い展作品のご紹介 「岩本忠美さん」 :: 2016/05/19(Thu)

iw165a.jpg


木使い展作品、最後のご紹介は、
三重で制作されている岩本忠美さんの作品です。

木のかたまりから、手削りで作られる作品の数々。
普段は漆を塗った作品が主流です。

愛らしいフォルムの栃の木のサーバー。
拭き漆仕上げ。


iw1655055.jpg


こちらは1点ものの、檜のボウル。
ミツロウ仕上げ。
手削りならでは、岩本さん作品らしい、丸さのあるフォルム。
素敵ですね~


iw1655070.jpg


コーヒーメジャースプーンもこのかわいさ。
(岩本さんは男性の作り手さんです。)


iw1655076.jpg


横からみると、こんなに立体的。
角度、大きさ、見た目の印象、1つ1つ計算し、思いがあって
作られているひとつの彫刻作品のようです。

こちらはトチやケヤキ、サクラの木を使ったミツロウワックス仕上げです。


iw1655082.jpg


その他、漆のお椀や鉢類も届いております。

明日からの木使い展、作品数もとても多く、会期も長いので、
ぜひ皆さまゆっくり、それぞれの作り手さんの木使い、
お楽しみ頂ければと思いますので、
よろしくお願いします!

※本日は準備の為、17時で閉店致します。
申し訳ありませんが、よろしくお願いします。



  1. イベント