ura-ekoca






レザーのキッチンミトン :: 2016/07/02(Sat)

167e7068.jpg


今日も暑い一日でした~
30度超え、夜になってもムッとする暑さでした。
今日も暑い中、ご来店頂きまして
ありがとうございます!

さて、昨日もご紹介しましたgrenさん×Ékoca のオリジナル。
手提げかご用の持ち手ホルダーと、出来上がったもう一つのアイテムが
レザーのキッチンミトンです。



167e7060.jpg


レザーのミトンは、野球のグローブのようでもありますが、
柔らかな革を使ったキッチンミトンです。
革のお色は茶色1色ですが、ステッチの色が濃茶と白の2色。


167i6102.jpg


我が家のキッチンではもう十数年愛用しているレザーミトン。
お店を始める前に働いていてキッチン用品を扱う仕事の時に
出会いました。
熱もほとんど伝わらず、手にも馴染み、汚れも気にならなくて
とても気に入っているのですが、買い替えようと思っても
なかなかいいのがみつからずにいました。
写真左がずっと使っていた海外のもの。
以前から、そんな話をgren 安田さんにお話していたのですが、
うちで使っているものを見て頂くチャンスがあり、
安田さんが「できるかも!」とサンプルを作ってくださることに。

試行錯誤してくださり、数か月後にサンプルが出来上がってきました!
(真ん中のタイプ)
革の質感もいいし、手をいれた時の感じも問題なく、
いいのができたなぁと喜んで使っておりました。
問題はなさそうでしたが、しばらく使っていてちょっと気になる点が、
革の一部が固くなってきたこと。
安田さんに状況をお伝えしたところ、
我が家は鉄瓶でお湯を沸かすのですが、その際にミトンに蒸気がかかり
その後、熱で急激に乾くので、革がパリっと乾燥して固くなってしまうとのこと。
革が素材なので、生地などとはまた違った問題が出てきました。
パリっとしてきた革の使用感もいい表情なのですが、
固くなると握りにくくなってしまうのと、ひび割れの可能性も出てしまいます。

それからまた、素材選びに戻り、熱や蒸気などにも強く、柔らかな革をみつけてくださり、
また新たなサンプルを~
出来上がったのが一番右。
今度の革はとても柔らかく、より手に馴染みます。
毎日欠かさず使って日々テスト。
今回の革は革の味は出てくるものの固くなったりせずに
柔らかさもそのまま。
やっと安田さんご自身も私も納得できるレザーミトンが出来上がりました!



167e7065.jpg


レザーのミトン、お洗濯はできませんが、汚れにくく、
いい風合いに変化していくので、汚れが気にならず、
長く使えるのが嬉しいところです。


167i6093.jpg


上半分の指先部分、裏にももう1枚革が貼ってあり、
2重構造なので、鉄瓶の持ち手でも熱が伝わりません。


167i6097.jpg


柔らかな革なので、熱くなってしまったお鍋の
小さな取っ手もつかみやすい。


167i6099.jpg


重さのある鉄のフライパンにも
鍋つかみよりもミトン型のほうが安定するので
持ちやすいかなぁと思います。


かわいい鍋つかみも好きですが、
すっぽり手を覆うことができるミトンタイプは
ずれたりしないので、安心感があり、料理中、とっさに取ってしまうのは
我が家ではこのレザーミトンです。

男女問わず、アウトドアにも使って頂けると思います。
今日ご来店くださったお客様が手にされて「左効きにも使えますね」と
おっしゃってくださいました。
なるほど~

こちらもシンプルなデザインですがgren 安田さんが1つづつ作ってくださっている
キッチンミトンです。
こちらも定番として扱っていく予定ですので、機会がありましたら
お手にとって柔らかさなどお試しくださいね!

(熱は伝わりにくい構造になっていますが、
火のまわりでお使いなる際や、熱いものを扱う際には
やけどには注意してお使いくださいませ。)


7月はイレギュラーで、日曜日と
明後日第1月曜日にお休みを頂きます。
よろしくお願い致します。


  1. 新作のお知らせ