ura-ekoca






ほほえみの御仏展へ :: 2016/07/04(Mon)




今日は早めにお昼を食べて、上野の東京国立博物館で開催中の
「ほほえみの御仏」展へ。


167i6125.jpg


日韓国交正常化50周年記念の展で
私がとても好きな、奈良の中宮寺の国宝 半跏思惟像と
韓国国立中央博物館から、国宝の半跏思惟像
2つの半跏思惟像が見られるということで
これは行かなくては!

本館の特別室の空間に、この2つの思惟像が向かい合って
展示されていました。
とてもシンプルな展示ですが、2つの美しい仏像、
時間を忘れて見入ってしまいます。

韓国の国宝の半跏思惟像は6世紀に作られたという金銅製。
日本の国宝、半跏思惟像は飛鳥時代 7世紀に木(クスノキ)で作られたもの。

博物館の展示では正面からだけでなく、
360度ぐるりと見られるのが嬉しいところ。
腕のラインや指先、背中のライン、
きゅっとしまったウエストやうっすらほほえみを浮かべた表情が
とても美しいです。
何度みても、見とれてしまいます。

そして初めて見ることができた韓国の国宝78号の半跏思惟像は
中宮寺の半跏思惟像より、ひとまわり小さく、切れ長のような目、お顔がすっとされていて
こちらもとても美しく、今回見られて良かったなぁと思いました。

先にこちらの展示は韓国で開催されたそうです。
図録にも書いてありましたが、2つの国の国宝を展示するということは
以前から何度か企画があっても実現するにはほど遠かったそうです。
いろいろな方の思いや力が集まり、韓国と日本で開催された今回の展示。
向き合って並んでいる2つの像の展示には、多くのメッセージや願いが
あるように思いました。
会期が短く、今週日曜日までとなっていますが、
こんな機会はもうないかもしれないので、
気になられる方にはお勧めです。
暑さも忘れてゆっくり2つの像と向き合い
とても良かったです。



167i6128.jpg


東京国立博物館には何度か行っていますが、
他の館の展示を見ることが多く、
本館の展示をゆっくり見たのは、今日が初めて。

月曜日は休館日ですが、今日はほほえみの御仏展の開催期間中の特別開館日で
人も少なめでゆっくり見ることができました。
建物の中がまた素敵で、写真撮影可能なところでパチリ。


167i6133.jpg


壁の装飾も素敵~


167i6127.jpg


ライトや窓、タイル使いなど、展示以外にも
見どころがたくさん(笑)


167i6132.jpg


上の写真のガラスの窓の扉を開けると
素敵な庭園が~



167i6139.jpg


本館の展示は日本美術の展示。
縄文や弥生、仏像など古代のものから
焼きもの、漆芸、アイヌや琉球、そして着物などなど・・・
興味ある展示物がたくさん並んでいました。

すっかり暑さも忘れて過ごした数時間、
夏の暑い日に出かけてみるのもいいかもしれません。


167i6145.jpg


外に出たら現実の暑さ(笑)
あんみつ 「みはし」さんで「氷クリームあずき」を~
氷の下のあずきがとても美味しかった!
満足、満足。






167i6118.jpg


早めのお昼は、この夏初めての「そうめん」
そうめんにはやっぱり「丁子屋さんのめんつゆ」じゃないと物足りなくなってしまいました。
今年もしましま展に並びますよ~