ura-ekoca






トワル・ド・ジュイ展へ :: 2016/07/26(Tue)




今日は朝からどんよりとした空模様。
午後からはシトシトと雨降りでした。


常設展示、棚の上には、質感の違う、花器やピッチャー、小皿などを
鉄台に並べてディスプレー。

熊田恵子さん、厚川文子さん、くまがいのぞみさんのうつわたち。
かわいいというより渋めですが、皆さん女性の作家さん。


167i6292.jpg


今朝は開場時間に合わせ、Bunkamura ザ・ミュージアムで
開催中の西洋更紗 トワル・ド・ジュイ展へ。
(みたかった展示、チケットをくださったIさん、ありがとうございます!)
今週末で終了なので、行くことができてよかった。

トワル・ド・ジュイ(ジュイの布)とは、18世紀にフランスで生まれたコットンプリント。
木版や銅板でプリントされた西洋更紗。
その歴史や代表的な作品を見ることができました。
西洋更紗だけでなく、インド更紗にも触れていて、
先日、インドの木版プリントの布のことを紹介して頂いたばかりだったので
よりいろいろなことが興味深くみることができました。

ハンドプリントや木版プリントの作品の数々。
とても素敵でした。
サンプルボードの額に入った小さなハギレの模様がそれぞれかわいくって
こんなテキスタイルでお洋服を作ったらかわいいなぁとか
想像する時間も楽しかったです。


167i6296.jpg


そうだ、そうだ、Bunkamuraのお隣は東急本店さん。
地下でおやつを買って帰ろうと立ち寄ると、
今日は魅力的なお菓子が2つも日替わりで販売される日。
久々、ちもとさんの八雲もち。


167i6302.jpg



八雲もちをのせた三角うつわは、戸田文浩さんの「山作品」

先日、お客様がパズルのように組み合わせ、
楽しく使ってくださっているお写真を見せてくださいました。
2つのお皿に2種類のサラダを盛られてました!


167i6297.jpg


もうひとつのおやつは「亀十」さんおどら焼き。
こちらも久しぶり~


167i6298.jpg


亀十さんのどら焼きはビッグサイズですが、
そのどら焼きがピッタリなお皿は八木橋昇さんのしましま皿。

八木橋さんからは常設のお皿やマグカップなども
届いております。


山作品やしましま作品、引き続き展示しておりますので、
うつわもぜひご覧くださいませ!


  1. 日常