ura-ekoca






お茶碗展は明日から! :: 2016/09/08(Thu)




いよいよ明日から開催の「お茶碗とごはんの友のうつわ展」
朝から準備を始め、皆さんの作品が届き、準備も終わりました~


岐阜県・多治見で制作されている厚川文子さん。
厚川さんの作品がお店に並ぶのも久しぶりです。

手びねりで作られる厚川さんのうつわは、釉薬がかかっていますが
ところどころいびつな感じが土器のような印象も醸し出します。
手に持つとなんだかほっとする感じ。
今回は白、黒(ブロンズも混ざったような色合い)、灰釉と
3種類の色のめし碗を。


169e9034.jpg


ざらっとした表面の蓋物。
素敵ですね~
佃煮やおつけもの、たらこなどの
ごはんの友を入れ、そのまま食卓に出し、
冷蔵庫で保存することもできます。



169i6586.jpg


表面はつややかですが、裏面はマットな仕上げの
花形小皿。
厚川さんからは梅干しをのせても・・とのことです。
その他にも丸いタイプの蓋物など、いくつかごはんの友のうつわも
作ってくださいました。

厚川さんの好きなごはんの友は、納豆、タラコ、
ふわふわのちょっと甘い卵焼きだそう。

最近のマイブームは自家製の醤油麹(しょうゆこうじ)だそう。



169e9059.jpg


そして、こちらはカレー皿でお馴染み、
愛知県・瀬戸の穴山大輔さん。
カレー皿でも使われている2種類の釉薬で焼いてくださっためし碗。
どちらも渋めのいい色です!
左が緑がかったグレーのような灰釉。
右が白の中にうっすらと土の表情がのぞく乳濁。


169i6588.jpg


昨年もそばちょこ展でとても好評だったブローチ。
今年はお茶碗のブローチを作ってくださいました!
かわいいですよ~


穴山さんの好きなごはんの友は?とお伺いすると
「山形のだし」というお答えが。
学生時代を過ごしたのが山形で思い出のごはんの友でもあるそうです。


灰釉のお茶碗に
山形のだしをのせたら、確かに美味しそう!




169e9135.jpg



滋賀県・信楽で制作されている八木橋昇さん
八木橋さんは、一番多くのアイテムを送ってくださいました!
めし碗も5種類!


169e9149.jpg


粉引・古粉引(面取)・白アメ掛分・黒呉須・黄化粧の
5種類の釉薬のめし碗。

その他、ひとまわり大きめの小どんぶりサイズの
お茶碗もいくつか作ってくださいました。


169e9176.jpg


ごはんの友のうつわも、いろいろなアイテムが!
こちらは黄化粧シリーズの角皿やリム小鉢など。
黄色がいい色合いです。


169e9188.jpg


こちらは豆鉢。
塩こぶや梅干し、海苔の佃煮など、ちょこっとのせるのに
いいサイズです!
他にも蓋ものや、小さなすり鉢、丸皿など、ごはんの友のうつわも
いろいろ届いております。

八木橋さんの好きなごはんの友は「キムチ」とのこと。
暑かった今年の夏もなんとか乗り切れたのはキムチのおかげだとも。
冷奴や納豆にもキムチを入れるそうです。




169e9217.jpg


そして、昨日夕方、作品を持ってお店に来てくれた
東京・東村山で制作されているくまがいのぞみさん


169e9222.jpg



くまがいさんのめし碗は大小2サイズ。
高台が小さいのが特徴的。
ごはん以外にも使えるタイプです。
好評なドット柄のタイプのアラレ模様の2種類。



169e9229.jpg


無地ですがよくみると模様が~
ひとつひとつつけていくそうです。
玄米ごはんが似合いそうなカフェオレ色やブルーのかわいい色。


169e9237.jpg


ミニカップの受皿としてもちょうどいい大きさの豆皿。
あわせてミニカップも追加で持ってきてくださいました!
初めてお店に並ぶお色も~

くまちゃんの好きなごはんの友は「ぬか漬け」
自分でぬか床を持っているそう。
発酵系のものが大好きでキムチや梅干しなども
好きだそうです。


169e9250.jpg


そして最後に作品を届けてくださった太宰久美子さん。
東京・中野区で制作されています。

太宰さんのめし碗は、薄手でシャープ!
だからといって冷たい感じがしません。
納品の際、他の皆さんのめし碗を見られて「私のは大きいね~」と
おっしゃっていましたが、深さもある大きめタイプ。


169e9251.jpg


つやのある白とマットな白がありますが、
よくみると、細かなしましまが・・・
カンナをあてて削った模様だそうです。


169e9256.jpg


白と黒、そして深いブルーの銀河系と呼んでいるお色、
ブルーのあみ目のようなタイプの4種のお色。
形はそれぞれ違うので、ぜひ手に持って比べてみてください!



太宰さんの好きなごはんの友は焼き鮭。
ごはんにはたまごをかけたり、何か上にかけたり盛ったりすることが多いそうで
小さいお茶碗だとあふれちゃったりするので、
作られるときもなんとなく大きめのお茶碗になったのですね~

見た目や大きさ、フォルム、重さ、質感、色、厚さなどなど
それぞれ好みも違われることと思います。
本当にたくさんの種類のお茶碗が並びますので
毎日使うお茶碗だからこそ、
今回のお茶碗展でいい出会いがあって頂けると嬉しいです。



169e8847.jpg


清野浩美さん特製のランチョンマットも並びます!
細かなチクチクがとっても素敵です♪



169e6561.jpg


cook luck広沢京子さん特製のごはんの友
「梅ごのみ」も届きました!
有機梅(自家製)、有機しょうが、昆布と有機金ごま入りの梅ごのみ。
あったかいごはんの上にのせて!
数に限りはありますが、ぜひぜひ召し上がってみてください。


明日から始まりますお茶碗とごはんの友のうつわ展、
クレアパ 田中博子さんの栗ジャムや御菓子屋うえださんの焼き菓子販売もございます。
皆さまのご来店お待ちしております!


  1. イベント