ura-ekoca






縄文人に?? :: 2016/09/26(Mon)




ラジオ体操に来られている物知りおじさんが、
また一声かけてくれました。
「あそこに椎の実が落ちているので、いくつか拾って
フラインパンで乾煎りし、食べてみてください。
秋の味がしますよ。」

てっきりどんぐりだと思っていたし、
どんぐりと椎の実の区別もよく知らなかったのですが、
比べてみるとなるほど~



169i6725.jpg


どんぐりより黒っぽくて、木から落ちてくるときに
はじけて落ちるそうで、実が裂けているのも多く、
筍をちっちゃくしたような形と色合い。

早速言われた通りにフライパンでから煎りし、
頂いてみました。
初、椎の実、
ほんのり甘くて、確かに秋の味覚。
銀杏のような、甘さを抑えた栗のような(笑)
想像していたより、美味しかった~


169i6729.jpg


椎の木でも食べて美味しいのは
「スダジイ」の木の実だそうです。

縄文時代は木の実が主食だったそうですが、
どんぐりはあく抜きをしないと食べられないけれど
椎の実はそのままでも食べられるそうです。
木の実は栄養価も抜群!?
知っていると何か役に立つことがあるかな(笑)







169i6730.jpg


午後からはお店の片付けと展示替え。
引き続き、ふわりさんのお洋服や、お茶碗展の作品なども
ご覧頂けます。

家具のレイアウト替えをしたら、なんだか新鮮。
広々としたように思えるのは気のせいでしょうか。


169i6692.jpg


やまぶどうのかご、新しい型を使った太アジロ編みのものが
届いております。
アジロ編みですが、太いつるを使って編み、
隙間につるを通しているので、乱れ編みのようにも見えます。
小さめサイズの新作です。
ぜひ、こちらもご覧ください!



  1. 日常