ura-ekoca






明日からgalali展が始まります :: 2016/10/03(Mon)

1610e9610.jpg


今日は雨降りでした。
お店は振替でお休みを頂きましたが、
お昼過ぎからお店に行って展示替え。
galaliの水鳥さんもいらしてくださって、
展示の準備も終わりました。
あっというまに外は真っ暗~
お休みもあっというまに終わりです(笑)

さて、明日から並ぶがら紡ショール!
今回の展示では5色のお色が。
オーガニックコットンそのままのお色の白(生成り)、
濃いめのグレー、薄いグレー、そして藍色、黒。
染め方もそれぞれですが、草木染めやエコ染料など、
なるべく環境にもやさしく、お肌にも負担をかけないよう、
染め方を選ばれているgalaliさん。



1610e9616.jpg


そして、こちらも巻き物。
カシミアのショールです。
インド・カシミール地方のファミリーの手仕事のもので、
すべてトレーサブル(追跡可能)な純正のカシミア山羊の柔毛を使用しています。
一頭から年間200gほど(ショール2枚分)しかとれない最も柔らかな喉元の毛を、
丁寧に色分けし手紡ぎ手織りしています。


1610e9806.jpg



うっとりするような柔らかさと軽やかさ。
一度触ると、その感触がずっと忘れられなくなってしまいます。
お色も白っぽいお色から、少し濃いめのベージュと
3段階くらいのお色がありますが、
その色の違いは染めたりしたわけでなく、
カシミアヤギの毛の色を丁寧に色分けし、それぞれの色のショールになる
無染色のお色というのには本当に驚きます。



1610e9791.jpg


こちらも同じカシミアのストライプ柄。
他にもチェック柄があります。
柄もののほうが毛の色の選別をせずに染めてしまうので、
こちらのカシミアのショールに関しては
柄物のほうが手がかからないそうなのです。

カシミアショールはお色によっては1枚だけのものなども
ございます。


169e9640.jpg


その他、オーガニックリネンの生地を使ったエプロンや
がら紡で作ったコースターやポットマットなどの小物や
ふきんやタオル類。
オーガニックコットンの手ぬぐいも新登場。
春の展示で好評でしたキビソシルクを使った
体洗いや顔洗いなど、galaliさんの気持ちいい素材で作られた
あれこれが並びます。

明日はいいお天気にはなりそうですが、
10月らしからぬ、暑さのようで
巻き物日和ではなさそうですが
ぜひそれぞれの手触り、肌触り、お手にとってお確かめくださいませ!


アトリエふわりさんのお洋服や常設作品もご覧頂けますので
よろしくお願いします。
(木星社さんのペルー綿の靴下も再入荷しております。)


  1. イベント