ura-ekoca






あきふゆ第2弾 :: 2016/10/28(Fri)




今日は冷たい雨で始まりました。
冷えてきました。
昨日入荷しました木星社さんのあきふゆ第2弾、
「タートルネックRibニット」

フリーサイズ、素材はウール51%、コットン49%のタートルネックの
セーターです。
木星社とくもさんのうんちくによりますと、
国内紡績の防縮メリノウールとペルー綿をより合わせた糸を使っています。
木星社さんで使っているペルー綿は、ペルー綿のなかでもいくつか種類がある中、
ピマ種と並ぶ高い品質の超長綿デルセロ種のものを使っているそうです。
繊維が長く、やわらかく滑らかな風合い、弾力、吸水性にすぐれているのが
特徴なのだそう。

お色は4色ありますが、上の写真はCharcoal。
こちらのCharcoalとDenim Blueの2色はTOP染め。
TOP染めとは、繊維の中心をわざと白いままで残す
中白染めで紡績しており、デニムの生地のようにところどころ
白が見える素朴な表情がうまれます。


1610e0583.jpg

上からCharcoal、Denim Blue、Black。


1610e0591.jpg


そしてこちらのRed。


1610e0559.jpg


編み立ては、国内の手横編み機専門の職人さんによる手作業。
リブの編地を規則正しく減目していていくので、アームホールや袖などの
ラインがとてもきれいです。
身幅はややタイトめですが、ぴったりしすぎず、
腕回りにはゆとりを持たせているので
着心地よくなっています。


1610e0561.jpg


袖やすその部分のリブが長めなのが嬉しいところ。
手首をくしゅっとさせて着たり・・・



1610e0563.jpg



前と後ろがわかるようにと、
後ろのこのポイントも木星社さんのニットではお馴染みです。



1610e6994.jpg


やっぱりまずは赤に惹かれるなぁ~(笑)
試着させて頂きました。
赤ならば、太めのパンツと合わせたい気分です。
ボリュームのあるスカートと合わせてもきっと素敵。

赤はお写真で撮るとお色が違ってみえてしまうかもしれませんが
とてもきれいな大人っぽい赤色です。


1610i6996.jpg


すそのリブが長いので、パンツやスカートの中に in して着たり、
チュニックやワンピースの下に着て重ね着する際にももたつかず
良さそうです。


1610i6982.jpg


我が家のクローゼットにも木星社さんのセーターは毎年増え、
あれやこれやと10枚くらいになりましたが、
その中でも一番最初に出させたのがコットン&ウールのもの。
丸首セーターはもう何年着ているでしょうか。
ウールとコットンとを混ぜることの良さを教えてくださったのも木星社さん。


真夏の暑さにぐったりする頃、「あ~早く涼しくなってあのセーターが着たいなぁ」と
思うのが、このコットン&ウールのセーター。
コットンだけ、ウールだけとも違うしっとりとした肌触り。
秋から冬にかけて、冬、そして冬から春にかけてと、
長い期間着られます。

手洗いでのお洗濯も可能です。
コットン&ウールの木星社さんならではの
タートルネックRibニット、気になられる方、
ぜひ肌触りなどお手にとってみてくださいませ。






1610e0565.jpg


そして、こちらも新作靴下。
リサイクルコットン×ウールの鹿の子靴下。

木星社さんのふゆの定番 リサイクルコットンと防縮メリノウールを撚り合わせた糸を
使ったコットン50%、ウール46%(その他ナイロンなど)の靴下です。


1610e0567.jpg


「このふゆは少し遊び心を加えました」と、とくもさん。
履き口部分に鹿の子編みが施され
切り替えがアクセントに。
鹿の子部分が少し膨らみ、
「なんとなく欧州の貴族が履いていた靴下がイメージ」とのこと。
(膨らんだ部分も履くと足に馴染みます)


1610e0570.jpg


お色は4色、左から Green-grey 、Charcoal-grey 、 Grey-beige 、Darkgrey-grey。
どれもグレイッシュな色合いで合わせやすいお色となっていますが、
それぞれ少しづつ違うお色です。





1610i6997.jpg


そしてもうひとつお知せ。
発売中のVOGUE JAPAN 12月号 「MY PRINCESS 進化するプリンセス」特集号。
うつわ界の次世代プリンセスのコーナーで
松本かおるさんが紹介されています。


1610i6998.jpg


先日、お店で撮影していただきました!
11月23日から開催の個展情報も載せて頂いています。
素敵なページですので、ぜひご覧くださいませ。


  1. 新作のお知らせ