ura-ekoca






今日から11月 :: 2016/11/01(Tue)

1611e0652.jpg


今日は予報通り、午後から雨もあがり
晴れ間もみえました。
いよいよ明後日から開催の八重樫茂子さん織物展
第2便の作品が到着し、こちらの準備も着々と。

お客様からもお問合せを頂いていますが、
八重樫さんの巻物はショールとマフラーがございます。

ショールとマフラー、同じ色のものもありますが、
ショールにしかないお色、マフラーにしかないお色、
ショールとマフラー、両方あるお色でも
縦糸のベースの色が違ったり、両端に入るラインの色が違ったりします。


1611e0647.jpg


黄色いマフラーは両端の白いラインがシンプルでかわいい!
昨年までとはまた違った黄色いマフラー。
ぜひご覧くださいませ!

明日は準備のため、17時閉店となりますので
よろしくお願いします。





今日は午後から、大西美雪さんがお店に来てくださいました。
そうそう!八重樫さんとつなげてくださったのは大西さん。
大西さんが巻かれていたショールがとても素敵で
伺ったらお友達の作品とのこと。
「いつか紹介できたら~」とおっしゃってくださって
それから数年後、やっとお会いできたのでした。

大西さんはガラス作家としてお店のOPENの時から
お付き合いさせて頂いていますが、
ご主人と営まれている、つくばのカフェ ポステンさんでケーキを焼かれたり、
ここ数年はお店のお仕事を中心にされています。

今日いらしてくださったのは、筑波山麓わらの会さんの
しめなわ作りのワークショップの打ち合わせ。
11月に入ったばかりなのに、お正月のしめ飾りのお話です(笑)

昨年、我が家は大西さんにお願いして
ポステンさんでも販売していた
こちらのしめ縄を送って頂いたのですが、
今年はワークショップをやろうということに。


1611i4189.jpg


昨年のブログでもご紹介しましたが、

筑波山麓 わらの会さんのしめ縄。
こちらのしめ縄のわらは、筑波山麓の地元の方が
休耕田を開墾して地元の農家さんとしめ縄用の田んぼを作り
てまひまかけて育てた青くて美しいわら。
8月稲穂がつく前に刈り取られ、3日間天日干しをしますが、
夜露やアメにあてないように取り込みながら行い、
その後は直射日光にあてないよう、茅葺き小屋の小屋裏で
保管され、このわらの青さを保つようにしているそうです。
(うんちくは、一緒についてくる小冊子「筑波山麓しめなわのお話」より)


筑波山麓で大事にしめ縄を作る為に育てられた藁は
数年経っても青さが残っているそうです。

1611i7020.jpg


大西さんがサンプルとして見せてくださった
数年前のしめ縄。
(ここに松やみかんなどをプラスして出来上がり)

大事に育てられた藁を自分で編んで
しめ縄を飾って、新年を迎えられたら素敵ですね~
12月25日のクリスマスの日に、
お店でワークショップができたらと思っています。
まだ先のお話ですが、興味のある方、
予定に入れておいて頂けると嬉しいです(笑)
11月末頃、詳細をご案内いたしますので、
よろしくお願いします。


<追記>
サイトでもお知らせしましたが、お問合せを頂いております、
江籠正樹さんのクリスマス彫刻、今年も第1便が18日(金)に届く予定です。
数によっては、18日(金)・19日(土)の2日に分けての販売を予定しております。
第2便は、12月17日(土)を予定しております、クリスマス1dayイベントに並ぶ予定です。
どうぞよろしくお願い致します。


  1. 日常