ura-ekoca






入荷アイテムと竹のかご、タイのかご :: 2017/02/14(Tue)




休み明け、メインテーブルを展示替え。
先週末に入荷しました、松本かおるさんのビアマグやマグカップが
並んでいます。


172ee3835.jpg


こちらも久しぶりに入荷したancient time 原田さん
インドパシフィックビーズのブレスレット。

今回のブルーや紺、透け感がとてもきれいなビーズです!
ビーズの入手が難しくなっているそうですが、
また少し出来上がってきて嬉しいです。
お手にとって透かして見てくださいませ!
奇麗ですよ~


172e3838.jpg


172ee3842.jpg


そして、こちらは新作の2連のロングネックレス。
きれいなブルーとイエローの2色のビーズを使った2連タイプ。
ブルーとイエローの組み合わせが素敵です!


172e3858.jpg


gren 安田さんの革のポケットティッシュケースも再入荷。
カラフルなお色が揃って華やかに~
ちょっとした贈り物にも好まれています。


172e3848.jpg


こちらはとても鮮やかなブルーの革のもの。
ステッチのお色や、中をのぞくと裏に貼った革の色も違います。
こんなきれいなブルーの革のものも、
小物だと選びやすいですね♪


172e3852.jpg


ポケットティッシュが必須となる季節も近づいてまいりました。
たくさんのお色が揃っておりますので、
こちらもぜひご覧ください!


172e3855.jpg


常設でも好評の丸底トートbagのSサイズも再入荷しております。
黒・チョコ・キャメルと3色届きました!
牛革をメインに、巾着部分は柔かな鹿革、
巾着部分の裏地にはピッグスキン(豚革)と、
実はこのbag1つに3種類の革が使われています。
とても軽いので持ちやすい。
ぜひこちらもご覧くださいませ。

16日(木)まで、常設展示となっておりますが、16日はかご展準備の為
17時閉店となりますので、よろしくお願い致します。







172e3754.jpg


さて、いよいよ今週金曜日から始まりますかご展!
今日は名古屋の船橋正則さんの作品のご紹介です。
昨年は大きなかごをメインに出品してくださった船橋さんですが
今年は小さめのかわいいサイズのものがいろいろ!

こちらは一番手が込んでいる小さな手提げかご。


172e3753 (1)


みれば見るほど、細かな細工がほどこされています。
組みかえアジロ編み。
お着物に合いそうです。


172ee3701.jpg


こちらも小さくてかわいい透かし2本のアジロ編み。


172ee3743.jpg



麻の葉編みの取っ手つきの小さなかご。


172e3733.jpg


三つ手かごには、晩酌セットをのせても~


172e3759.jpg


大きめサイズのバスケットや盛かごなども並びます!
経年変化で少しづつアメ色に変わっていく竹かご。

竹ならではの編み目のかごたち。
普段の暮らしのそばに、こういったかごがあると
ふとした時の光や影がとてもきれいだったり、
日々の暮らしの豊かさを感じさせてくれます。

いろいろな編み目を楽しんで頂ける
船橋さんの竹かごです。







172e3797.jpg


そして、今日は盛りだくさん!
アトリエふわりのひろみさんが、タイで選んで来てくださったかご。
タイで編まれている手仕事のかごと、
山岳民族の布を合わせたかごです!

ひろみさんご自身、布が大好きで、
タイでもなかなかみつけられなくなってきた
山岳民族の方たちの布をみつけると集められています。
私から見るとひろみさんのライフワークだと
思っています。

こちらはモン族の方たちが着ていた民族衣装の
襟の部分の布と合わせたかご。
この模様は魔除けの意味があるとか。


172e3782.jpg


こちらもモン族の方の衣装のポケットなどに
使われていた布。
よく見ると、本当に細かな刺繍です。

かごの部分はタイの北部 パヤオというところで編まれているそうで、
ウォーターヒヤシンスと呼ばれる水草が素材です。
タイではいろいろなところでかごが編まれていますが、
パヤオには良いかごの編み手さんがいらっしゃるそう。

素材のことを教えて頂くと、編まれた時期が雨季と乾季とでは、
かごの色合いが変わってくるというタイらしいお話を伺えました。
今回かご展に並ぶかごたちは、雨季に編まれたもので、
色の濃淡があり、日本人には雨季に編まれたもののほうが好まれるそう。
(乾季に編まれたものは全体に白っぽくなるそうです)


172ee3792.jpg


ウオーターヒヤシンスのかごに、タイシルクを巻き付けたかごも。
フチに巻かれたタイシルクは3mも使っているそうです。



172e3787.jpg


こちらのクラッチバッグは、カチューという水草で編んだもの。
フチについた布の部分もモン族の衣装で
スカートの裾の部分を使っているそうです。



172ee3784.jpg


裏側にも色鮮やかな布でポケットが!


タイで販売されているかごの多くは
仕上げにニスを塗ったものが多いそうですが、
テカテカした風合いにならないよう、
ニスを塗らずに仕上げてもらっているそうです。


お手入れ等は特に必要ありませんが、
梅雨の時期などは、やはり風通しの良いところに
置いて頂いたほうが良いそうです。
日本のかごと同じですね。

冬のかご展ですが、タイのかごが並ぶと、
あたたかな風がふわりと吹いてくるようです。

かごにつけるとかわいいチャームもいくつか並びますので
お楽しみに!


  1. お知らせ