ura-ekoca






深大寺花散策 :: 2017/06/11(Sun)




せっかくの梅雨の晴れ間,
深大寺に行ってきました。

子供の頃、家族で行った記憶がありますが
ほぼ初 深大寺。
まずは深大寺へお参りに。


176e7229.jpg


参道には・・・
あった、あった!
楽しみにしていたひとつ。
鬼太郎茶屋。


176e7233.jpg


50歳を前に、先日水木しげるさんの「水木サンの幸福論」を
読んだばかり。
本の中にお住まいであった調布のことや鬼太郎茶屋のことも出てきました。


176e7238.jpg


深大寺の境内に咲いていた蓮の花。
通称 白鳳仏(銅造釈迦如来倚像)が今年の春、国宝になったということで
朝からお参りに来られている方が大勢いらっしゃいましたが
白鳳仏、ゆっくり拝観させて頂きました。



176e7253.jpg


お参りをすませ、参道を散策。
あちらこちらにあじさいが咲いています。
陽射しも強くなく、歩くにはちょうどよかった。


176e7258.jpg


水生植物園に入ってみるとはなしょうぶ園には
色とりどりの花菖蒲が咲いていました。


176i8854.jpg


お昼は深大寺名物のお蕎麦に。
小さい台所(リトキチベーグルズ)の長田さんが
教えてくださったお蕎麦屋さんに。
土日は行列で無理かも~とのことでしたが
早めに行ったので、少し待ちましたが、食べられました♪
(リトキチさんの販売日に合わせて伺えないのが残念)
九割蕎麦の大盛!(笑)
お蕎麦もてんぷらも美味しかったです!


176i8857.jpg


昼食後は、神代植物公園へ。
昭和36年に都内唯一の植物公園として開園されたそう。
バラ園のバラがたくさん咲いていました。


176e7278.jpg


見ごろは5月中のようですが、思いがけず、
たくさんの種類のバラに囲まれて
テンション上がります。


176e7270.jpg

たくさんの品種が咲いていましたが、
こちらの品種はダブル・ディライト。
アメリカで生まれたバラだそう。


176ea7264.jpg


華やかなバラの中で、
くすんだような紫色の色合いが独特で目を惹いた
ドイツのブルー・バユー。


176e7275.jpg


それぞれに品種のプレートがついていますが、
香りのよいバラには、プレートの右上に香りを嗅ぐイラストマークが。

「香りがしそう!」と思うバラでも、ほとんど香りがしなかったり
見た目ではなかなか判断できないので、とても分かりやすかった。


176e7286.jpg


こちらも黄色とオレンジが混ざり合った、
珍しい色合いのスペクトラ。
フランスで生まれたバラだそう。


176e7307.jpg


奥深いバラの世界に魅了される方たちの
気持ちがよくわかります。
目で楽しみ、良い香りに癒されました。


176e7296.jpg


バラ園近くの大温室、こちらも素晴らしく、南国気分を味わったり
ベコニアやランが花咲く空間に心躍りました♪
中でも素敵だったのが、熱帯スイレン室。


176e7301.jpg


一度にこんなに多くのスイレンを見たのは初めてです。
きれいだったなぁ~


176i8866.jpg


温室の天井を見上げると、こちらにも見たことのない色合いのお花が。
ヒスイカズラというマメ科の植物でフィリピン諸島に
自生している植物だそう。
透明感のあるブルーグリーン。
きれいな海の色がそのままお花になったような色。

いったい今日一日で何色の花の色をみたのだろう~

神代植物園はとても広く、梅園やさるすべり、ざくろ園があったり、
かえで園、マグノリア園・・・と季節ごとに楽しめそうです。
マグノリア園では大きなタイサンボクが大きな白い花を
咲かせていました。
こんな大きな花が咲くんだ~とびっくりしましたが、
花の大きさと比例して、とても良い香り~
またぜひ他の季節にも訪れてみたいところです。