ura-ekoca






:: 2017/06/19(Mon)




朝のうちに雨はやんで、今日はいいお天気に。
昨日いただいたŒUVRE(ウヴル)さんのお花を
早速太宰さんの白い花器に。
朝の光が似合います。


176e7529.jpg


アジサイやスカビオアサ、シャクヤクもかくれてます。
ブルーベリーの実も。
好きな花がいっぱいです。





176e7534.jpg

今日はお休みですがいつも通りに家を出て
ホテル雅叙園東京で開催している
坂本龍馬展に行ってきました。

開館時間まで、雅叙園さんの庭園を散策。


176e7531.jpg


アジサイも咲いていました。


176e7575.jpg


龍馬没後150年記念の巡回展。
龍馬展、会場入り口では、
等身大の「シェイクハンド龍馬像」が迎えてくれます。


176e7572.jpg

せっかくなので、龍馬とシェイクハンド。
大きな手でした!


176e7550.jpg


今回の展示はカメラでの写真撮影がOKということで
普段写真におさめることができない百段階段もパチリ。
(一部の展示物は写真× 三脚やフラッシュも×です)


176e7565.jpg


熱烈なファンの方が多い坂本龍馬。
最上階にの「頂上の間」には、
教科書でもよく見ていた写真が等身大に。
173cm説や178cm説などありますが
長身でいらしたことは、展示されていた着物を見てもわかりました。

乙女姉さんに宛てた手紙が、
その人柄をより身近に感じさせてくれました。
手紙が唯一の近況報告ができる手段だとしても
お姉さんに宛ててこれだけ手紙を書いているということは
筆まめだったのでしょうか。
手紙が残っているのも凄いなぁ。

「近江屋事件」の暗殺再現シーンはショッキングだったなぁ。


176e7567.jpg


頂上の間にあったこちらの絵、
見覚えのある絵だなぁと思ったら!
北海道の六花亭の箱や包装紙に描いてあるイラストだ~
こちらを手掛けている画家の坂本直行さんは
坂本家八代目。
龍馬の直系の子孫にあたる方なのだそうです。




176e7557.jpg


176e7555.jpg

百段階段のお部屋も隅々まで堪能しました。
漁樵の間の天井や柱の木彫りの凄いこと~
(描いてあるのではなく、彫ってあるんですよ~)


176e7559.jpg


星光の間。
季節の草花や果物の絵がとても素敵です。
お気に入りはスイカの絵ですが、
料理したばかりの破竹!?をみつけました。
何度伺っても新たな発見があり
楽しい百段階段です。

いつも素敵な展示にお誘いくださるKさん、
ありがとうございました!




龍馬展の後は、お店へ。
昨日は陶芸教室があったので、片付けていた展示を
再展示に。
引き続き、木星社さんの初夏フェア、開催致します!
明日はカーディガンやセーターの
欠品していたお色も再入荷する予定です。
引き続き、よろしくお願いします!

有隣堂さんに持っていく商品の準備も。
店の掃除をしたりで、あっというまに夕方。


176i8961.jpg

果実園リーベルさんでお祝いパフェを。
Yは初マンゴーパフェ。
私はフルーツパフェにしましたが、
フルーツが大盛すぎて写真に入りきれなかった(笑)
今にも落ちそうな特大スイカが嬉しかったです。

  1. 日常