ura-ekoca






紅葉を満喫 :: 2018/12/03(Mon)



今日はお休み。
どんよりした空模様でしたが、少し陽がさしてきたので
電車に乗って有楽町まで朝散歩。

今週の日曜日まで、皇居乾通りの一般公開がされているということで
入ってきました。
春の桜の季節には何度か行ったことがあるのですが、
紅葉の季節の秋は初めて。


1812e1480.jpg


1812e1560.jpg


モミジも色鮮やかに、紅葉真っ盛り。


1812e1492.jpg


可憐な小さなは花を咲かせていたフユザクラ


1812e1528.jpg


道灌濠のまわりはとりわけ多くの木々の色合いが
楽しめました。
春の桜の頃も美しかったなー


1812e1514.jpg


平日の午前中だったせいか、春の桜の季節ほど人も多くなく、
ゆっくり通り抜けができました。
それでも私たちが帰る頃には
これから向かう多くの人たちが。
午後のほうが混雑しそうです。


1812e1584.jpg

皇居のお壕近くのイチョウ並木も黄色に色づいていました。
お壕の水面に写った逆さイチョウがとてもきれい。
この季節ならではです。

夜は美味しいお魚とお酒で父の喜寿のお祝いを。
元気に飲んで食べられて、何よりです。





1811e1253.jpg


さて、こちらは金曜日からのくまがいさんのうつわ展に並ぶ
新作のミルクパン。
イチョウと同じく、きれいな黄色。
今年15周年のノベルティに作ってくださった満月の黄色い小皿も
くまがいさんの作品でしたが、黄色の釉薬はくまがいさんの定番色。

土鍋やグラタン皿などの耐熱のうつわも多くご覧頂けるのが
くまがいさんの個展でのお楽しみのひとつですが
新作のミルクパン、昨年の個展の時に、くまがいさんのアイテムにあったら
嬉しいなーとリクエストしていたら作ってくださいました。

我が家でも陶器のミルクパンを使っているのですが
チャイを作る時、甘酒やミルクを温めたりするときに
とても重宝しています。
くまがいさんもブログでおっしゃられている通り
土鍋の土でゆっくり温めてあげると、
やさしく、まろやかな味になるような気がして
チャイなどを煮出す時は必ずこちらを使います。


1812e1398.jpg

ひとり分のおかゆを作ったり、スープの温めなおしなど
小さめの片手付き鍋はとても便利です。
持ち手ひとつにとっても、ただの筒状ではなく、
人の手になじみそうな持ち手がくまがいさんらしいなー

黄色以外のお色も焼きあがっているそうなので
お楽しみに!

  1. 日常