ura-ekoca






:: 2020/01/12(Sun)




昨夜は満月。
帰り道、大きなお月さまが見えていたのですが、今朝体操に行くと
公園の木々の上にまだくっきりと大きなお月さまが。
体操に集まった皆さんで「きれいだねー」と朝のお月見(笑)
そのうちに明るくなりはじめ、ほんのひと時のお月見時間でした。


201i4129.jpg


午前中、朝一番でお店の近く、東京都写真美術館で開催されている
「至近距離の宇宙 日本の新進作家 vol.16」を観に行ってきました。

6人の新進作家の作品。
生まれたばかりの赤ちゃんの目が開く瞬間を
撮り続けている方の写真、双子をテーマに撮っている方の心境も
なるほどなーと作品に惹き込まれました。

実際に観るのは初めてだった齋藤陽道さんの写真も
その場の空気感が伝わってくるような、心動かされる写真でした。

身近にある風景のほんの一瞬のきれいな光、
私は気づけないでそのまま通りすぎてしまった瞬間を
「ほら、こんなにきれいなんだよ。」と優しく切り取って
伝えてくれているようでした。

photographというのは日本語で写真、
そのままを写すものというのに近いニュアンスになっていますが
photographの語源は「光で描かれたもの」という意味だそう。
いろいろな光を感じさせてくれるいい写真、
見られてよかった!
(A子さん、ありがとうございました!)





201e9423.jpg

そして来週17日(金)から始まりますねずみいろ展
先日納品に来てくれた華順さんのねずみいろ作品は
「ねずみっぽいかなーと思って。」と作ってきてくれたのは
定番のキーケース。

確かに横から見るとねずみっぽい♪
紐の部分がちょうどしっぽみたいですものねー

シックなねずみいろの革で小物をいろいろと。

201e9450.jpg


封筒型財布や名刺入れもねずみ色で♪
このグレーの革もいい風合いに育っていきそうです。


201e9434.jpg


そしてこちらも新年の作品として楽しみにしてくださっている方も多い、
干支コースター。
午から始まり、うま、ひつじ、さる、いぬ、とり、いのししと半分が終わり
7年目のねずみ♪


201e9445.jpg


カラフルな革で並びますが、右向き、左向きと2種類のねずみ柄が
ありますので、お楽しみに~


  1. イベント