ura-ekoca






ゆきわりそうさんのミニトートバッグ :: 2020/06/23(Tue)




朝は雨が降っていましたが、午前中には雨もやんで
午後には青空が戻ってきました。

今年もフランス・ノルマンディーのフラックス畑から花だよりが届きました。
フラックスが満開になりましたよーとENYOの綾佳さんが写真を送ってくださいました。
綾佳さんのブログにフラックスが咲く様子を書いてくださっています。
半日で散ってしまうという可憐なブルーの花。
いつかこの光景を見てみたいなー
人の世界はウィルスの影響ですっかり変わってしまいましたが、
植物たちは昨年と変わらず(環境の変化はありますが)同じように花を咲かせてくれます。

今朝、私も植木鉢にほりなおちゃんのことばたねに入っていた
ブロンズフェンネルの種を植えました。





206e0916.jpg


flower展に並んでいた作品、今日はゆきわりそうさんの小さなトートバッグのご紹介です。
スウェーデンで織りを学ばれ、ご自身で織った布をバッグや小物、
お茶道具の仕覆などに仕立てて作品を発表されています。

好きな花を思い浮かべながら織ってくださったというflower展作品。
「フキノトウ」と名付けられた黄色ベースの織りのバッグは
縦長と横長の2つの形。
2本持ち手、色と長さも違います。


206e0922.jpg

縦長バッグのほうの裏地はベージュの麻。
横長バッグはフキノトウのようなグリーンのコットン。
どちらも内側にはリネンの内布が貼ってあります。

NO.333 フキノトウ(黄色) 縦型バッグ W18.5cm×H21cm (持ち手 1cm幅×36cm) →sold
表 コットン ウール / 裏 リネン / 内側 リネン / 持ち手 コットン(グリーン)
¥7,150(税込)

NO.334 フキノトウ(黄色)  横型バッグ W22cm×H18cm (持ち手 1.5cm幅×32cm)
表 コットン ウール / 裏 コットン(グリーン) / 内側 リネン / 持ち手 リネン
¥7,150(税込)


206e0918.jpg



Munkabälte (ムンカベルテ)という織り。
コットンとウールの糸で織られています。


206e0920.jpg


「ゆきわりそう」と刻印されたさりげない革使いがすてき。





206e0926.jpg


そしてこちらはブルーベースのあじさい。
縦型とスクエア型のミニバッグです。


206e0931.jpg


黄色のフキノトウと同じく、裏は縦長はリネン、
スクエア型はコットンのブルーの生地。
内布はリネンです。

NO.335 アジサイ(ブルー) 縦型バッグ W16cm×H23cm (持ち手 2cm幅×30cm)
表 コットン ウール / 裏 リネン / 内側 リネン / 持ち手 コットン(ブルー)
¥7,150(税込)

NO.336 アジサイ(ブルー)  スクエア型 W18.5cm×H17cm (持ち手 1cm幅×32cm)
表 コットン ウール / 裏 コットン(ブルー) / 内側 リネン / 持ち手 リネン
¥7,150(税込)



206e0927.jpg





206e0937.jpg


そしてこちらは「ワスレナグサ」
藍染めの淡いブルーが素敵です。

Daldräll (ダーラドレル)という織り方だそうで
こちらはコットンとリネンの糸を織られています。


206e0935.jpg


こちらのワスレナグサは表も裏も同じ生地です。

Np.341 ワスレナグサ(水色) スクエアバッグ aold
W18cm×H15cm (持ち手 1.5cm幅×32cm)
表 コットン リネン / 裏 コットン リネン / 内側 リネン / 持ち手 リネン
¥5,500(税込)

スマートフォンとお財布を入れてちょこっとお出かけ、
かごや大きなバッグを持つ時のbag in bagにも。

レターパック等でのお送りが可能ですので、
メールでお問い合わせくださいませ。
(返品はお受けできませんので、よろしくお願い致します)





先週修理に出したカメラ、修理から戻ってきたとの連絡を頂いたので
取りに行ってきました。直ってよかったー


206e5608.jpg


あとはのんびりと読書。
ゆきわりそうさんがInstagramで紹介されていた本を
読んでいるところです。
鷲田先生の本を読むのは初めて。
まだ半分くらいですが、都知事選もあるし、読んでよかったです。
スウェーデンの中学教科書はゆきわりそうさんが貸してくださいました。
まだこちらは読み始めたばかりですが、
国民が自然を楽しむ権利?(他の人の私有地であってもテントをはっても良いとか)
など「へぇー」と思うことばかり。
店で読ませてもらっているので、なかなか進みませんが
ゆっくり楽しませて頂こう♪

  1. 作品の紹介