ura-ekoca






桃豚の会 :: 2013/08/10(Sat)

IMG_0817.jpg

今日の暑さはなんなんでしょうか~
ちょっと外に出たら、サウナの中にいるような熱気。
40度を超えているところもあるようです。

昨夜は、参宮橋のLIFE sonで行われた「桃豚の会」に行ってきました。
おいしい桃とその桃を食べさせて育てた貴重な桃ぶたを使った料理が楽しめる
『本当のおいしいがあるお食事』の会。

Ékocaで昨年10月に開催した、九州展の際に「広沢京子さんお勧めのおいしいもの」
ということで、販売させて頂いたリバーワイルドの杉さん、桃や柿の生産者の赤司さん、
そして広沢さんが福岡からいらしての「桃豚の会」でした。

お店のOPEN前、ひょっこりとその3人で寄ってくださいました。
すでに予約で満席&時間的に無理かなとあきらめていたら
当日キャンセルが出たとのことで、急遽参加させて頂くことに~


IMG_0830.jpg


桃を食べている豚の桃豚マークがかわいい!
貴重な桃豚、LIFE sonのシェフたちが、
どうやって食べたら美味しいか、何度も試作をされたそうで
当日のメニューは

・スモーク桃と生ハム
・桃ぶたバーガー
・山のサラダ(桃ぶたの自家製パンチェッタver.)
・桃とトマトの冷製パスタ
・桃豚のスモークロースト ジャガイモオーブン焼き添え
・桃とヨーグルトのかき氷


P8093977.jpg
おまけメニューの桃のピクルス


P8093991.jpg

お肉の美味しさを最も味わえたのががメインのスモークロースト。
ローストしたお肉を、お店の外でその場でスモーク(燻製)。
キメが細かく、やわらか~いお肉。
脂身の部分も美味しい~


P8093993.jpg

デザートのヨーグルトと桃のカキ氷。
中にも桃がゴロゴロ。
皮つきの桃の食感、皆さん「美味しい!」と言ってました。

※素敵なキャンドル照明だったので、お料理の写真が暗くなっちゃいました。


リバーワイルドの杉さんは、私たちのテーブルに来て
興味深いお話をいろいろしてくださいました。

杉さんのところでは、桃を食べさせた桃豚をはじめ、
「いちご豚」「柿豚」「ミルク豚」などその季節の果物などを食べさせた豚を育てているそうです。
豚は生まれた時は1キロくらい、半年で110kg位になり、
約半年で出荷されるそう。
豚の命はたった半年なのかぁと思うと、ありがたく頂かなくてはと思います。
豚は10頭づつ位がひとつの部屋で飼育されるそうで、
完全な縦社会なのだそう。
果物などの美味しいえさをあげると、まずボス、2番目に偉い豚・・・3番目・・・と
上の順位の豚が食べ終わるまで、1頭づつ順番に食べていくそうです。
なので、ボスは一番早く大きくなるそう。

桃の赤司さんからは、白桃と黄金桃の違いを教わったり。
(一番上の桃の写真、左が白桃 右が黄金桃)
黄金桃はちょっと黄色(オレンジ)がかった身の色で、
ほとんど一般には流通されていないだろうとのこと。
白桃に比べ、収穫のタイミングが難しいのだそうです。

生産者の方からお話を聞きながら、その素材のお料理をその場で頂くといのは
あまりない機会なので、とても楽しく美味しい時間でした!

桃豚会、東京では初の開催だそうですが、
また機会があったら参加したいです。




さて、お店には久しぶりにオケクラフトさんのスプーンが数種、
入荷しました。(デザートスプーンやカレースプーン(小)など)
今回も数が少なめですので、よろしくお願いします。

そして、traveling studioさんからは新作のしましまがまぐちポーチが
届いております。


P8104003.jpg

ちょっと大きめ、お財布やポーチとしても使える大きさです。
パラフィン加工のチャコールグレーのお色です。
裏地もしましまです。
ぜひ、ご覧ください!

※日・月は定休日です。


  1. 日常