ura-ekoca






しましま作品 その② :: 2014/08/02(Sat)

IMG_2033_20140802153146f27.jpg


昨日納品に来てくださった、traveling studio ハサタニさんのしましま作品。
思い起こせば、4年前(もうそんなになるのですね~)、しましま展がきっかけで
ハサタニさんの作品の取り扱いが始まったのでした。
以前同じ会社に勤めていたハサタニさんが、4年前友人たちとギャラリーを借りて
イベントをしたのですが、その時出されていたbagが、しましまbagで
ちょうどしましま展をやることになっていたので、お声をかけたのがきっかけ。

ボーダーラインといえば、ハサタニさんの作品ですね!
今回はシンプルに、グレーのコットンキャンパスのトートbag。


IMG_2032.jpg


ちらっと見えておりますが、しましまのショルダーがついています。
幅が太いショルダーなので、中の目隠しとしての機能も!


IMG_2038.jpg


そして、しましま編みの一輪挿しホルダー。
ループがついているので、壁にかけられます。
ちょっとしたグリーンが似合います。


IMG_2051.jpg

色は3色。
お持ち帰り頂いて、すぐに使って頂けるよう、
おまけにガラスの試験管がついております。


IMG_2028.jpg


新作のしましまキーケースと11周年イベント作品のマルチクロス、
新作として前回より細い幅のタイプが並びます!





IMG_2126.jpg


そして、今日届いたのが、gren 安田さんのしましま作品。
新作のトートbagです。
安田さんが、一目ぼれしたという、このフランスの古い生地は、
主にマットレスや枕カバーなどに使用する為の生地で、
おそらく100年くらい前のフランス製の綿麻の生地だそうです。
安田さん曰く、「もともと濃いネイビーだった色がかなり使い込まれて
グレーっぽい紺になったんだと思います。」
なんとも言えず、いい風合いで、安田さんが一目ぼれしたというのも納得です。
この濃いネイビーでもなく、ネイビーでもない、
ちょっとかすれた感じの色のトーンがとてもよくって、
さわやかさを増しています。
白い革のタイプと黒い革のタイプ。
どちらもそれぞれ大小のサイズが並びます!


IMG_2073.jpg


そして、こちらが「いつか、ポーチのようなクラッチバッグにもなるようなのを作って欲しいです」と
リクエストしていたものが、今回、形になりました~
途中経過をお聞きした時には、サンプル作りでちょっと苦戦されたと聞いたのですが
いろいろ試作されて、とっても素敵なbagができあがりました!

形として、買い物用の紙袋をイメージして作られたそうで、
パン屋さんで入れてもらう紙袋みたいに、口の部分をくるくるっと
無造作に巻いて持ってもらっても生地の雰囲気が出ていいと思いますと
おっしゃってました。


IMG_2057.jpg

ピッと伸ばして持っても~
私はかごを持つ時に、内袋のような感じで
かごに入れて持ってもいいなぁと思います。
こちらもペイントした白革と黒革のタイプがあります。
中の裏地も素敵なんですよ~
トートbagもそうですが、男女問わずお持ち頂けるタイプです。






IMG_2110.jpg


常設作品とあわせ、福岡・糸DOUBLE=DOUBLE FURNITUREさんからは
木使い展で好評でしたトングと新作のお箸も入荷しております。


来週月曜日から始まる「しましま展」どうぞお楽しみに!

※しましま展特別企画、八重樫茂子さんのワークショップは満席になりました。
どうもありがとうございました!


  1. イベント